自己管理

どうも、〇〇です。

 

今回の記事では、アナタの収益額を2倍にも3倍にもしてしまう“あるとっておきの法則”をお伝えします。

 

突然ですが、「ネットで稼ぐこと」と「会社に雇われて働きお給料をもらうこと」の大きな違いは何だと思いますか?

 

それは、『第三者に管理されているかいないか』ということです。

 

会社に雇われている人は、上司に「これを〇〇までにやっておくように!」と仕事を与えられます。

 

削られて真ん丸になったメンタリティを駆使して、やりたくもない仕事を延々と無心でこなしていかなければいけません。

 

言いたいことも言えない環境で、周りに合わせて媚びへつらい、「これが“普通”なんだ」と自分に言い聞かせます。

 

それでも、与えられた仕事には期限があるので「残業」までして仕上げるわけですね。

 

しかし、これからネットで稼いでいくアナタはどうでしょう??

 

『誰にも縛られず』『好きな時に』『好きな場所で』『好きな仕事ができる』

 

このフレーズだけ聞けば、サラリーマンなんかは喉から手が出るほど手に入れたいものです。

 

しかし、これは逆に言えば『やらなければ、いつまで経っても結果は出ない』ということです。

 

たとえ、アナタのブログにアクセスが集まらなくても、アナタの商品を欲しがるお客さんが一向に現れなくても、自分を奮い立たせてモチベーションを高め、自分のやるべき事を決め、それをコツコツとこなしていかなければいけません。

 

つまり、何とかして自分を管理していかないと、いつまで経っても『ネットで稼ぐ』ことは出来っこないということです。

 

さて、アナタはどうでしょうか?

 

一向に目に見える結果が出なくても、その期間に耐え、自分を奮い立たせて、やるべき事をコツコツとこなしていくことができるでしょうか?

 

YouTubeを開いて動画を見てたら、気付けば1時間経ってた、なんてことやテレビをつけながら作業をしてたらいつの間にか目が釘付けになってたなんて経験はありませんか?

 

正直、僕には出来ませんでした。

 

初めて収益が出るまでは不安でいっぱいで、「本当に収益が出るのかな?」「このままブログを書き続けることに意味はあるのかな?」と全てに疑心暗鬼になったこともありました。

 

アナタも心のどこかで、こんな『不安』がくすぶっているんじゃないでしょうか?

 

そこで、今回は僕自身が「どのようにして不安を取り除き、モチベーションを維持しながら収益を出すことに成功したか」という体験談とともに、“あるとっておきの法則”をお伝えします。

 

目標設定の必要性と作り方

 

そもそも作業がダラけてしまうということには、「潜在的な意識」が関係しています。

 

それは、つらい、だるい、ねむい、しんどい、などのマイナスの感情のことです。

 

このようなマイナスの感情は、アナタが手を止める原因になり、作業が滞る主な要因であると思います。

 

しかし、たとえばこんな状況にアナタが陥ったとしてイメージしてみてください。

 

アナタの両親が多額の借金を残したまま、交通事故に遭い、働けない体になってしまったとします。

 

アナタは、明日から自分一人で弟と妹を養っていかなければいけません。

 

無情にも借金の返済、入院費、治療費、水道代、電気代、などのお金だけがどんどん減っていきます。

 

そんな状況になれば、アナタは一体どうするでしょう?

 

一度想像して、自分ならどうするかを考えてみてください!

 

きっとアナタは、親戚の家を洗いざらい回って、少しでもお金を貸してくれないかと頭を下げに行くでしょう。

 

さらに、週7日間みっちり働いて、弟と妹にご飯を食べさせてあげる為に体を酷使することになるかもしれません。

 

生きていくことに執着し、どんなことにでも全力で必死に取り組むはずです。

 

そして、そんな状況の中、隣に住むお兄さんが「ネットで月に20万円稼いでいる」なんてことを耳にすれば、プライドなんてすべて投げ捨てて、土下座をしてでも教えを乞うはずです。

 

そして、教えてもらったことを誰よりも忠実に、寝ることも忘れるほど没頭するはずです。

 

つまり、アナタに高い緊急性があれば、マイナスの感情に負け、「ダラける」なんてことになるはずがないのです。

 

僕がここで伝えたかったことは、【アナタには、ビジネスに対して全力になれるだけの明確な「目標」がありますか?】ということです。

 

「自分はなぜビジネスを始めるのか」

「ビジネスを通してどうなりたいのか」

 

これらが明確になっていない限り、マイナスの感情がアナタに襲いかかってきます。

 

それでは、いつまで経っても作業ははかどらず、いつまで経っても収入は増えていきません。

 

もし今、アナタが作業をダラけてしまっているのであれば、それは「アナタの中に明確な目標がない」ということの表れなのです。

 

なので、まずはアナタの目標設定について見直しましょう!

 

具体的な目標設定の仕方として、長期的な目標と短期的な目標の2種類を立てる必要があります。

 

長期的目標

 

長期的な目標というのは、たとえば

 

①今月の目標

②半年後の目標

③1年後目標

 

のような感じです。

 

それは、「どれくらい稼げるようになりたい」とか「〇〇を終わらせる」とかで構いません。

 

①月収10万円を超えて、アルバイトを辞める

②月収30万円を超えて、両親を旅行に連れてあげる

③月収50万円を超えて、高級オーダースーツを買う

 

このように、アナタがそれに対して本気になれるような目標を具体的な数値や事柄として挙げてみましょう。

 

短期的目標

 

しかし、こうした目標設定の見直しをしたからと言って、自分に対する甘えがなくなったりダラけることが完全になくなるわけではありません。

 

むしろここからが重要で、自分で立てた長期的な目標から逆算して短期的な目標設定をしていく必要があります。

 

それは週ごとであったり、1日ごとの目標です。

 

たとえば、「今週中に10記事書き終える」だとか「今日中に10リスト集める」などですね。

 

この小さい目標を1つずつ確実にこないしていくことで、長期的な目標を達成することができるので、1日1日の目標をこなすために自分を管理していく必要があります。

 

振り返り

 

ただ先ほども話したように、人は基本的に“サボること”が大好きです。

 

誘惑に負けたり、他の誰かのせいにしたりと、自分ひとりで自分自身を管理することが本当にできない生き物です。

 

なので、短期的目標を確実にこなしていくために“振り返り”の習慣をつけるようにしましょう。

 

その日一日を振り返ってみて、良かった所と悪かった所を洗い出すというシンプルなやり方ですが、これをするかしないかでその後の作業効率に大きく影響してくるので侮ってはいけません。

 

アナタも受験生の頃に計画を立ててみたものの、順調に進んだのは三日間だけで、一度ノルマをこなせない日が出来てしまうと、その後も計画通りに進めることができずにズルズルと勉強をしてしまった経験がありませんか?

 

「あー、どんどんノルマだけが増えていってやる気が出ない。。。」

 

せっかく目標設定を見直しても、こんな風になってしまうのであれば意味がありません。

 

なので、その日一日の自分の行動や時間の使い方、モチベーションを振り返って反省する必要があるのです。

 

まず振り返るべき項目として絶対に必要なものをあげておくと、

 

①今日のノルマをこなすことができたかどうか

②できなかったのであれば何が原因か

③明日からどのように改善するか

 

の3つです!

 

必ず明日以降の自分の行動に繋げるように、自分の行動や時間の使い方について振り返りましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です