収入を10倍以上に膨らませるコピーライティングの秘密

明けましておめでとうございます!

昨年はこのブログを読んでいただきありがとうございます。

 

今年もよりいい情報をこれからネットで稼ごうと考えられているあなたに向けて発信していけたらと思っています。

 

よろしくお願いします。

 

では、今日も早速レオン君が書いていきたいと思います。

 

今回の記事であなたにお伝えしたいとのは、コピーライティング(人を動かす言葉)というものを年収がとても密接な関係にあるということです。

 

この記事を読めば、あなたがどんなに頭が悪かったとしても一流大学と呼ばれる大学に通うエリート学生に圧倒的な差をつけ、収入面、私生活面において確実に勝ち有意義な生活を送ることができる様になります。

 

収入面においては、ウナギのぼりにどんどん上がっていき最終的にはタイトルにもあった様に10倍以上に跳ね上がることは間違いありません。

 

この記事で学んだことをすぐに実践すれば、あなたが店を出そうが就職しようがフリーでネットを使って稼ごうが全てにおいて成功を納めます。

 

また、私生活面においては言葉を巧みに使うことができるので人間関係が良好になり、無駄な衝突もなくなりストレスなく過ごすことができます!

 

そして、さらに「言葉」なのでこれを自在に使うことができる様になれば、好きな人を落とすことも可能になります。

 

それぐらい強力なものなので悪用は禁止でお願いします。

 

しかし、この記事をあなたが読まなかったらあなたがどんなにセンスがあってどんなに仕事ができたとしてもある一定のラインから収入は一向に上がらなくなります。

 

人間関係でも悩まされ、ストレスを抱える日々。夜もムカムカしてねれなかったり心身ともに疲れが増していきます。

 

プライベートも寂しくなんの出会いのないまま会社と家の往復で時間がただただ過ぎていくという生活を何十年も送らなければいけなくなります。

 

そうなりたいくないというあなたはここから先をしっかり読んでいってください。

 

まず、言葉の威力がどれほどあるのか?

あなたは言葉の威力というものを考えたことがありますか?

 

「ん?言葉になんか威力あるんですか?」と今あなたは思っているのはないでしょうか?

 

では、ここで僕が書いているブログにたいしてコメントをください!とあなたにお願いをした場合、

 

1つ目

こんにちは!ブログ拝見しました。

があなたのブログはもう今後一切見ません。

ネットにこの様なブログをアップしないでください。目障りで仕方ありません。

 

こんなブログを書く時間があるなら今すぐ消えてください。

あなたのような人は生きる価値もないと思いますし、呼吸をすることもやめてほしいです。

死んでください。

 

2つ目

こんにちわ!ブログ拝見させていただきました。

こんなに分かりやすいブログを書いていただきありがとうございます。

 

自分も前々からネットで収入を得てみたいと思っていたのですが、調べても堅苦しい表現ばかりでとてもとっつきにくく分かりにくいものばかりでした。

 

実際に何か行動してみようと思っても何からしていいのかいまいち分からず、ただただ時間が過ぎていくばかりだったののですが、

 

このブログを見させていただいて自分でも行動し、ネットでビジネスをやってみようと思いました。

 

これからもブログの配信楽しみしてしています。よろしくお願いします。

 

この2つが僕に送られてきたとします。

 

言葉にはその人の人生を変えてしまうほどの破壊力があるということなんです。

 

僕の場合、最初の1通目が送られきたからといって自殺をしたりはしませんが、これを送られてきて実際に死んでしまう人いるということなんですよね。

 

逆に2通目を送られてきた場合は、もっともっと頑張ろう努力するようになりいい方向に進んでいく様になります。

 

1つ目の言葉の先に訪れる相手の行動は、「自殺」

 

2つ目は、「努力」そして、「成功」につながるかもしれません。

 

それだけ「言葉」というものはその使い方次第で相手を行動を左右し、いい方にも悪い方向にも相手を動かすことができるということです。

 

それぐらい強力なものなので悪用は厳禁なんですよね。

 

年収100万の人と年収1億の人の違い

ネット、リアル問わず稼いでいる人で言葉の使い方がおかしい人はほとんどいません。

 

リアルで行っていることは、集客、商品作成、販売

ネットも集客、商品作成、販売

 

他にも就活は、説明回に行く(集客)、あなた(商品)、面接で自分を売り込む(販売)

恋愛も自分を異性に売り込むことで価値を感じてもらえば付き合えることができます。

 

全てこの流れで成り立っているんですよね。

 

そして、言えるのはこの流れに「言葉」が必ず使われているということです。

 

それも普通の言葉ではなく、相手を行動に移させることのできるコピーライティングという能力が不可欠です。

 

結局何をするにも私たちは、言葉を使わないと生活することができません。

 

年収100万の人と年収1億円の人の違い3ヶ条

 

①言葉の選択の仕方

②言葉の重みを理解している

③言葉のオリジナル性・レパートリー

 

ネット・リアルそして、プライベートも充実している人はこの3ヶ条が他の誰よりも圧倒的に優れています。

 

それは何をするにも「言葉」が元となっているからでこの「言葉」を巧みに操ることで年収はどんどん上がるのです。

 

では、具体的に説明していきますね。

 

例1:食べ物を「美味しい」以外でどういう表現をするか?

よくお昼の番組を見ていると人気のあるお店に番組専属のリポーターが行き、そのお店美味しい食べ紹介するコーナーがありますよね。

 

例えば、そこで大阪名物たこ焼きをリポーターが食べてそのコメントが「このたこ焼き美味しいですね。」だけだったとすると、そのリポーターは決して1流のリポーターだとは言えません。

 

なぜなら「このたこ焼き美味しいですね。」というのは普通にテレビを見ている誰もが言える感想だからです。

 

「美味しい」とだけ言われてもそれだけではテレビを見ている人には全く伝わらず、「本当に美味しいのか?」という疑問を生みます。

 

「美味しいのはなんとなく分かるただそのそれがどういう美味しさなのか?具体的に知りたい!」と感じる人はかなりいると思います。

 

そうなのでグルメのリポーターには、「美味しい」という表現以外でその食事の美味しさを表さないといけないのです。

 

それでは、

このたこ焼き食べたらビールが飲みたくなってきました。表面はカリカリで中がふわふわそしてカツオのダシが効いていて、タコも新鮮なのか弾力があり噛み応えがかなりあります。

 

この表現はどうでしょうか?ビールが飲みたくなるという表現に付け加え、表面と中の様子。

 

さらにカツオのダシが混ざってるんだ!弾力があって噛み応えのあるタコか美味しそうだなと自然に想像してしまいませんか?

 

なので同じたこ焼きを食べたとしても、

1、このたこ焼き美味しいですね。

2、このたこ焼き食べたらビールが飲みたくなってきました。表面はカリカリで中がふわふわそしてカツオのダシが効いていて、タコも新鮮なのか弾力があり噛み応えがかなりあります。

 

「1」と「2」では、テレビを見ている人への伝わり方は全く違い「2」のようなコメントをするとそのお店には、お客さんが殺到しお店の売り上げもテレビの売り上げも両方が上がります。

 

ということは、「1」のようにただ美味しいとしかコメントできなかった場合と「2」のようにテレビを見ている人が具体的に想像でき食べたいと思わせるコメントをする場合で全ての人の収入が変わってくるということです。

 

当然ながら「2」のコメントを残したリポーターは、これからの番組にも出演し続け収入も必然と上がっていくのです。

 

「言葉」の影響力おそろしいですよね。

 

例2:お笑い芸人

お笑い芸人ほどこの「言葉」で収入が上がる職はないと思います。

 

たまにテレビをつけるとすべらない話という番組があり、10名ぐらいの芸人さんがテーブルを囲って自身、もしくわ身内の笑える話しています。

 

正直本当におもしろいですよね。

 

ただ、あれもあの人たちだから何気ない生活も面白く伝えることができるんですよね。

 

芸人さんも僕たちと同じ人間なので、そんなに面白いことがずっと起こっているわけではありません。

 

小藪さんとか宮川大輔さんとか個人的にかなり好きなのですが、普通にその辺にいる人が話したら全然面白くない話でもこの2人は完璧に面白く変えてくれます。

 

「言葉」を操る能力の分だけ収入格差が広がっていくそれがお笑い芸人という仕事ですね。

 

日常をどう面白くするか

例1のリポーターの話も例2の芸人さんの話もそうですが、総じて言えるのはできる人もできない人も似たような経験をしていてできる人だけが特別な体験をしているというわけではないということです。

 

できる人というのは、家から5分のコンビニに歩いて行っている間にも面白い事や新しい気づきを得るものです。

 

普段の何気ない生活から面白いこと、新しい発見、気づきを生み出せるかというのが課題でこの部分を考えながら生活すると日々の充実度は一気に跳ね上がります。

 

面白いこと、新たな発見を生み出す私生活で目を向けるポイント

・人を観察

・風景

・体感

 

この3つを意識するといいですね。

 

僕は、とても人間観察をするのですがその中でいろんな部分が見えてきます。今この人が考えてそうなことまた仕草など

 

そして、それを続けていく中で共通部分が見えてきてその中から新しい気づきや面白い表現が生まれます。

 

風景と体感もそうです。

 

あなたの目に見えているものからどう感じたのか?体感でどう感じているのか?などその時の感覚を意識していけばそこからまた新しい発見やおもしろい表現が生まれるということです。

 

コピーライティング力=威力のある言葉の鍛え方

「この記事を読んで言葉の使い方で収入が変わってくるということはよく分かったんですけど、具体的にコピーライティング(言葉の威力)を上げるためにどんな事をすればいいですか?」

 

そうですよね。では、今からその方法について書いていきます。

・ライブやボードいろんなことを体験する

・山に登る

・人と話しいろんな体験談を聞く

・売れている本を読む

・有名なブログを見る

・売れている商品の紹介ページを見る

 

この中であれば何をしても構いません。いろんな言葉、表現を生み出すにはまずいろんなことを体験したり見たりしないといけません。

 

なので実際に行動して感じてみてください。

 

そうすることで「言葉」の使い方で収入が上がっていくというのもあなたにも体感してもらえるのはないかなと思います。

 

最後まで読んでいただきありがとございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です