アメブロのアクセス水増し問題。152PV全てロボット!?

こんにちは、hirosukeです!

 

アメブロを使って、ブログを書いたり、それをビジネス、集客に利用しているあなたは、アメブロのアクセス解析を見て、喜んだり悲しんだりしているかもしれません。

 

ですが、アメブロのアクセス解析はものすごくいい加減なので、一つも参考になりません。

 

その実態を、まずは比較してみてお伝えしていきます。

アメブロアクセス解析とGoogleアナリティクスの比較

これについてはまず、実際に見てみると分かりやすいですね。

 

まずはアメブロの7日間のアクセス解析画像です。

 

そしてこちらがGoogleアナリティクスの、同じ7日間のアクセス解析結果です。

このように、アナリティクスは「ピクリ」とも動いていません。

 

過去7日間は全くの「ゼロ」なんです。

 

まあ僕もこのブログを全く更新していませんし、SNSを活用して呼び込んでもいませんので、当然といえば当然です。

 

ですがアメブロではなんと先日だけでも「152」というアクセス数があります。

 

8月15日や8月19日なんて「200を超えている」そうです。

 

ただし、ここでちょっと注意点があります。

 

実はアメブロには「スマホのアクセスをアナリティクスでカウントする機能」というのが無いとのことなんですね。

【かしわ兄さん】

【【悲報】アメブロにGoogle Analyticsは適さない!? 】

参考URL:https://ameblo.jp/kashiwa-niisan/entry-12072963450.html

 

ですので、パソコンからのアクセスという視点で見てみましょう。

 

 

これは8月21日のものです。

 

PCからのアクセス数は「55」となっていますね。

 

つまり、55倍水増ししている、といいうことでしょうか。

 

いや、アナリティクスが「0」だから水増しというより「捏造」と言っていいかもしれません。

 

上記のブログのかしわ兄さん氏の記事を読むと、アメブロのアクセス解析をどうみるかにも一考の余地はあります。

 

そのため、他のブログを運営する方々の、アナリティクスの検証結果も参考にさせていただきます。

 

※タイトルは記事より引用

 

【WEBデザイナー がみたかさん】

【アクセス水増し疑惑で有名なアメブロにアクセス解析「GoogleAnalytics」を設置してみた。】

https://www.gamitaka.com/analytics-ameblo.html

 

【B型起業人 鳥井謙吾さん】

【アメブロのアクセス解析の水増し率は約250倍ということが判明】

https://www.toriikengo.com/ameba-fake-access/

 

【Royal Stoneさん】

【アメブロのアクセス数はデタラメ?最大でアクセス30倍以上も。】

http://royalstone.mobi/company/all/10947.html

 

【ガジェット通信さん】

【『アメブロ』のアクセス数がジャブジャブに水増しされている理由を勝手に推測する】

http://getnews.jp/archives/187107

アメブロのアクセス解析が悪いわけじゃない

このアメブロのアクセス解析について、言及された方の記事がこちらです。

 

【谷元博さん】

【アメブロのアクセス解析の水増しの考察その1】

https://www.firstsync.net/archives/2750

 

別にアメブロがアクセス解析で違法をしているとか、そういうわけでもないんですね。

 

ただアメブロは、人だけのアクセスをカウントしてるわけじゃない、ということですので、

 

本当に記事を読みたい人がアクセスしてくれてるかが分からなくなるという点では大問題と言えますね。

アクセスを解析する理由とは

引用URL:http://www.cis-trans.jp/column_access_analysis.html

どうしてブログやサイトでアクセスを解析するのかというと、どれだけの人がどの記事を読んでくれて、どういう行動をしたのか、という事を分析するためですね。

 

あなたのブログにアクセスしてくれたユーザーが、

 

・あなたの売りたい商品やサービスを申し込んだか

・あなたがクリックして欲しいバナー、広告をクリックしてくれるか

 

というのを、どれだけのユーザーが行動してくれたか、どこを改善すればより多くのユーザーがその行動をとってくれるのか、というのを解析するために使うのです。

 

ですので、「今日は○PVだった!」とか「月間○PV達成した!」というだけでは、アクセス解析を使いこなしているわけではないんですね。

アクセス解析の目的

あなたがビジネスでブログを運営するなら、下記の情報を把握する必要があります。

 

・ブログを訪問してくれた人が、どこからサイトに来たのかを知る(TwitterなどのSNSなのか、検索からなのか)

・検索から来たなら、どんな検索ワードで来たのかを知る

現在のGoogleアナリティクスの機能だと、キーワードが「not provided」に分類されるものが多いので、正確なキーワードを調べるのが難しいです。

 

Yahoo検索からの流入であれば、検索キーワードは把握できるようになっています。

 

・あなたのブログのどの記事から入ってきて、どの記事に移動したのか

・あなたのブログのどの記事を読んで、離脱してしまったのか

。あなたのブログにどれくらいの時間滞在していたのか

・ブログに来てくれた人が新規なのか、リピーターなのか

・商品、サービスの販売が成功したのかが数字で分析できる

 

様々な要素がありますが、これらはアクセスしたものが全て「人」としてカウントされてこそ分かる事です。

アメブロのアクセスが水増しされる原因

引用URL:https://www.toriikengo.com/ameba-fake-access/

アメブロでアクセスが水増しされるには、ちゃんとした原因があります。

 

ブログのアクセスを改善するには、ブログを見に来たのが「人」であり、その「人」の数がカウントされる必要があるのです。

アメブロのアクセスが水増しされる原因その①

『クローラー』というロボットのアクセスまでカウントされていることが、アメブロのアクセス数が極端に多くなっている理由の一つです。

 

Googleクローラーについては、こちらを参考にしてください。

 

Googleクローラーについて簡単に言うなら、「世界中のWEBサイト、ブログで動き回っているロボット」のことを指します。

 

アメブロではこのクローラーの動きまでアクセス数にカウントしてしまうので、「アクセス数が水増しされている」という見解の理由の一つです。

アメブロのアクセスが水増しされる原因その②

アメブロ専用のクローラーも巡回しているのも、アクセスが極端に多くなる理由の一つです。

 

Googleだけでなく、アメブロもクローラーを巡回させて、それがアクセス解析に反映されてしまっているのです。

 

これはアメブロが正式に認めています。

 

===============

Amebaヘルプ本文より

 

Q2. Google AnalyticsとAmebaブログのアクセス解析の数が異なります。

 

なぜですか?

 

A2. Google Analyticsの値にはAmebaアプリのページビューは含まれません。

 

また、Google AnalyticsとAmebaブログのアクセス解析では、仕組みが異なるため正確に一致することはございません。

 

なお、Amebaブログのアクセス解析には以下の数値が含まれております。

 

・RSSのアクセス数

・画像拡大ページのフリック数

・Amebaアプリでのアクセス数

 

Amebaヘルプ『Google Analytics が設置が可能になりました』

http://helps.ameba.jp/qguide/blog/google_analytics.html
===============

アクセス解析ツールによっても誤差が生じる

引用URL:http://urx.red/FrI0

Googleアナリティクスやアメブロのアクセス解析など、解析ツールによって誤差が生じるのは避けられません。

 

特にアナリティクスはあくまでも「ユーザーの動向」を見るのが目的の解析ツールであって、

 

「正確なアクセス数を計測するツールではない」とかしわ兄さん氏は記事に書かれています。

 

ただ問題点は、アメブロのアクセス解析は「誤差」どころか、「人」の実体が全く伴わないという点なんですよね。

アメブロが「アクセス数の多さ」にこだわる理由

これは単純です。

 

理由はアメブロがユーザーを逃したくないからです。

アクセス数を水増ししてまで、アメブロがユーザーを逃したくない理由

これはまず、ブログを書いているユーザー心理を利用しているのです。

 

ブログを書いて情報を発信しているということは、その記事を誰かに読んで欲しい、という思いがあって書いてると思います。

 

ですが、気合を入れて書いた記事が誰に読まれず、検索の奥深くに消えていってしまったら、誰もブログを書く気を失くしてしまいますよね。

 

そうなれば、いくらアメブロがユーザー数が国内最大でも、やる気を失ったユーザーが大半になり、ユーザー離れが加速していきます。

 

そういうユーザーを少なくして、記事を書いてもらうやる気を出してもらうために、アクセスを水増ししているのです。

アメーバピグなど、課金サービスを使わせたい

アメーバブログで記事を書くことは無料です。

 

ですが、アメブロ内には課金して利用できるサービスというものが存在します。

 

その一つがアメーバピグです。

 

アメーバピグをユーザーに使ってもらい、はまってもらうことで、課金してもらってアメーバに利益をもたらしてもらうためなのです。

 

だから、アメーバブログに記事を書く人のやる気を出させて、アメーバピグも利用してもらい、課金に誘導する。

 

そうすることで、ユーザーからお金をどんどん落としてもらうことが目的というわけですね。

広告収入もアップする

引用URL:http://tabibitojin.com/netbusiness_google_adsense-2/

アメブロのユーザーは、国内ブログ内でもダントツで多いです。

 

ユーザー数が多いと、掲載される広告の単価も上がります。

 

アメブロにも、必ずGoogle Adsenseの広告が貼られています。

 

これがクリックされると、アメーバブログの運営であるサイバーエージェントに広告料が支払われます。

 

特にGoogle Adsenseはクリックされれば収入が発生しますから、ユーザーがアメブロを使うほど、サイバーエージェントの広告収入はアップしていくわけです。

 

となると、どうしてもユーザーを増やして、ブロガーにやる気を出させて、少しでも多くアメブロにアクセスさせたいわけですね。

 

言ってしまえばアメブロは「利益優先」で、ユーザーのことをあまり考えていないということになりますね。

まとめ

・アメブロがアクセスを水増ししていることは事実

 

・アメブロのアクセスが水増しされているのは『クローラー』というWEBサイトを巡回するロボットのせい

 

・『クローラー』はGoogleのものだけでなく、サイバーエージェントもアメブロ内で動かしている

 

・アクセス解析は、単にアクセス数を見るだけでなく、サイトやブログにアクセスしたユーザーが、どこから来て、どれくらいサイト内にいて、

 

どこから離脱したのか、望む行動を取ってくれたのはどれくらいのユーザー化、というのを解析することが重要

 

・アクセス解析方法から見ても、サイバーエージェントがユーザーのことを考えて運用しているとは考えがたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です