アメブロ1日500「ぺた」で月収30万円獲得方法

こんにちは、hirouskeです!

 

アメブロで定番の機能として上がるのが、まず「ぺた」という機能ですよね。

 

他のユーザーに「ブログに訪れましたよ。」という足跡を残す機能ですが、単なる足跡機能も、相手のことを把握して行うことで効果的な集客ツールになります。

 

アメブロで集客をするなら、この「ぺた」を上手く使いこなせるかどうかでも、集客の効果は大きく変わってきます。

 

「ぺたをしているけど、全然効果が出ていないよ?」という人は、「ぺた」の方法や、

 

あなたのブログと「ぺた」をされてる人の属性が合ってないことなどから疑ってみた方がいいでしょう。

「ぺた」の集客効果はあるのか?

引用URL:http://aminamura.blog.fc2.com/blog-entry-126.html

アメブロの「ぺた」機能に集客効果があるのか、というのはアメブロをビジネスで活用したいと思ってる人には、疑問に感じるところだと思います。

 

ですが、まだアメブロで、「ぺた」をすることで集客の効果を出している人も実際にいるわけです。

 

結局のところ根本は「やらないと効果が出ない」という部分になってきます。

 

たとえ良い記事を書いても、勝手に評価されることはありませんし、文字数やキーワードの条件を満たしていても、中身が素晴らしくても、Googleに評価されるには時間が必要です。

 

ですが、「ぺた」を使えばすぐに人を呼んできて、記事を読んでもらう、ということが可能になるのです。

 

もし「ぺた」を毎日付けていても、集客の効果が感じられなかったり、アクセスに繋がっていないのであれば、まず「ぺた」をする先を考えた方がいいでしょう。

 

「ぺた」で集客効果を出すにしても、あなたのブログの属性と同じ人にやらないと意味がありません。

 

いくら毎日「ぺた500したんだけど」と言っていても、あなたのブログに興味の無い人ばかりに「ぺた」をしていても、誰も見に来てくれないのです。

 

「ぺた」の効果を最大限に活用すれば、アメブロの「ぺた」だけで、サラリーマンの月収分は稼ぐ結果を出す人もいます。

 

「ぺた」で効果を出していくには、質の高い記事、コンテンツを提供した上で、あなたのブログに興味のある人に見てもらうために、

 

その人たちのブログに「ぺた」を付けていく必要がありますね。

アメブロの「ぺた」を効果的に実践する方法

引用URL:http://ci-s.net/amebaking2/

アメブロで1日に500件の「ぺた」を付けれるといっても、効果的に実践しないと意味が無いことはお伝えいたしました。

 

ですので、「ぺた」をせっかく付けるなら効果的に付ける方法を1つでも多く知っておく必要がありますよね。

 

「ぺた」を一日つけないだけだと、500件の損で済みますが、これを1ヶ月で考えると「1万5,000件も損している」ということになります。

 

ですので、まずは「ぺた」を効率的に、時間を損しないように付けていくために『アメーバキング2』のようなアメブロのツールを活用していくことが必要です。

 

その上で、効果的に「ぺた」をつけて、あなたのブログ集客に役立てて生きましょう。

「ぺた」は時間を意識するとアクセスアップする

引用URL:https://enepi.jp/articles/252

『アメバーキング2』のようなツールを使うと、隙間時間とかに「ぺた」をつけられるようになりますよね。

 

非常に便利なのですが、あくまでもそれはこちらの都合です。

 

「ぺた」をせっかく付けるなら、相手のことを考えて、相手がアメブロを見たりする時間に付けていく必要があります。

 

特に、毎日たくさん「ぺた」をもらう人だと、全部チェックするなんてありえないので、自分にとってタイミングのいいものや、気になるブログが目に留まったときに確認する程度です。

 

「ぺた」も、検索エンジンと同じようなもので、自分が見た時に上のほうにある、目立つブログをチェックするわけです。

 

特に「ぺた」は毎日毎日「ぺたぺたぺたぺた」と付けられていくので、「良いコンテンツ」としてGoogleに評価されたらしばらく上位表示される、という状況よりもシビアだと言えます。

 

ですので、「ぺた」をつけるなら、相手にとって都合のいいタイミングを図って「ぺた」する必要があるんですね。

「ぺた」が効果を発揮する時間帯

いくらツールで毎日500件の「ぺた」をしても、タイミングが悪いと、全く見られないまま、無意味な「ぺた」になってしまいます。

 

ですので、ユーザーがどの時間対にアメブロをチェックするのか、ということを意識しましょう。

 

それは、「相手がスマホやパソコンを開く時間帯」です。

 

当たり前ですが、みな日々の生活があり、仕事や学校の授業、主婦業に追われて、いつもいつもスマホを眺めていたり、パソコンの前に座っているわけではありません。

 

「でも相手が都合よく見ている時間帯なんてわからないよ」

 

と思われるかもしれません。

 

ですが、大体把握することは可能です。

この画像は、インターネット白書が調べた、インターネットの利用時間帯の統計です。

 

この表を見ると、利用時間帯のピークは22時台なのが分かります。

 

ですので、まずは22時に「ぺた」を実行してみましょう。

ターゲットがブログを見る時間帯に合わせる

引用URL:http://urx.red/FrHr

ネットが利用されるピークの時間帯以外にも、ターゲットがネットを利用するであろう時間帯も把握しておきましょう。

 

ターゲットに合わせる方が、集客としては理にかなっていますよね。

 

たとえばあなたのターゲットが深夜勤務の人であれば、22時台なんて仕事中か、仕事の準備や通勤中で、ゆっくりスマホやパソコンを見ているわけがありません。

 

ですのでターゲットの属性を把握して、その人が一番ネットを使うであろう時間帯を意識して「ぺた」していきましょう。

主婦の時間帯

主婦がゆっくりするのは、朝から昼のパートを済ませた14時以降~17時前後の夕方まで。

 

夕食後は、21時台のドラマなどを観るようなくつろぐ時間などですね。

学生の時間帯

学生なら、学校から帰ってくる16時以降や、夕食、お風呂後の19時前後。

 

学校後にバイトをしているなら、統計と重なる22時以降にもなってきます。

サラリーマンの時間帯

サラリーマンなら、朝の通勤時にスマホをチェックしている可能性があるので、7時~8時ごろ。

 

仕事が終わるであろう18時以降や、19時台だと、帰宅のために電車などでスマホをチェックしている可能性が高いです。

 

帰宅後を狙うなら21時や22時代と、統計と重なってきますね。

 

このように、平均的にピークになる22時以降と重なるであろうことは予測できますが、それ以外の時間帯、ターゲットの生活リズムを考えて「ぺた」をすることも重要です。

 

22時がネットを利用する時間帯だと公表されているということは、それだけライバルも「ぺた」をしている可能性が高いということでもあります。

 

ですので、ライバルが多い時間帯を避けて、ターゲットが他の時間帯はいつネットを見ているのか、という視点を持って「ぺた」をすることで、効果を上げることが可能になるのです。

 

『アメーバーキング2』のようなツールが無ければ面倒くさい作業ですが、ツールを活用して、

 

予約機能を使うことで、ワンクリックで好きな時間帯に「ぺた」してくれますので、面倒なことも、難しい作業も必要ありません。

「ぺた」が付かないなら、どうしたらいいのか

引用URL:http://01.gatag.net/0013269-free-photo/

「ぺた」が付かないという場合、あなたが付けている「ぺた」が、相手側の属性とマッチしていない可能性があります。

 

1日500件もできる「ぺた」も、相手の時間帯などを意識しても、肝心の「あなたのブログに興味がある人」「ぺた」出来ていないと、いくら「ぺた」をしても無駄になってしまいます。

 

ですので、ユーザーの属性でも、あなたに近い人に絞り込んで「ぺた」をすることで、効率よく「ぺた」を実行していきましょう。

 

それには、まずは相手のユーザーの属性と合わせることを意識していきましょう。

検索でユーザーを絞り込む方法

「ぺた」を効率よく付けるには、ツールを活用しての方法をオススメします。

 

『アメーバキング2』などであれば、特定のIDからユーザーを抽出することができる機能があります。

 

「ぺた」の上限は1日500件なので、効率よく相手を絞り込みましょう。

具体的な絞り込み方

ユーザーを絞るには、いくつかの方法があります

 

1:あなたの読者の人が気になるジャンルで、一番有名な人から絞る

2:あなたの読者が「よくつぶやく言葉」で絞る

3:あなたのブログにとってライバルになるブログの読者登録をしてる人から絞る

 

1:あなたの読者の人が気になるジャンルで、一番有名な人から絞る

たとえばこのブログはネットビジネスのブログなので、その有名人といえば「与沢翼」「七星明」「小玉歩」「川島和正」などで絞ると、

 

ネットビジネスやその手の起業家の属性を持つ読者の人たちを絞ることができます。

 

中には経営者の人をブログのタイトルにしている人もいますし、あなた興味のあるジャンル、ビジネスしたいジャンルでカリスマ的な存在の人や、

 

その業界でトップを走ってる人の名前で検索をすると、同じ属性で濃い読者さんを絞ることができます。

2:あなたの読者が「よくつぶやく言葉」で絞る

これはたとえば「バイト辞めたい」「仕事辞めたい」「脱サラしたい」「起業したい」「お金稼ぎたい」などが、ネットビジネスのブログだと考えられますよね。

 

このようなことをブログに書いてる人に、「ぺた」をしていくということです。

 

ブログを書いているときは、本音も出やすい状態ですので、そういうことに興味がある人に属性を絞って検索することができます。

 

ただ、言葉によっては属性を外すこともあるので注意が必要です。

 

たとえば「仕事辞めたい」という場合は、「今の仕事を辞めて他の仕事をしたい」という可能性もあるからです。

 

その場合、その人は起業とかネットビジネスに興味があるわけではなく、転職に興味があるということです。

3:あなたのブログにとってライバルになるブログの読者登録をしてる人から絞る

この方法は、あなたのブログど同じようなテーマのブログを運営している人で、あなたよりも格上のブロガーさんを相手に「ぺた」をしていく方法です。

 

あなたと同じ属性のブログを書いているわけなので、あなたのブログに興味を示す可能性も高いのです。

 

やってみると、何気に効果が高いので、実践してみましょう。

 

これらをする上で大事なのが、毎日「ぺた」の数と、その日に「ぺた」したキーワードなどの属性を把握しておくことです。

 

そうでないと、毎日なんとなく「ぺた」をしているだけ、という風になってしまいますので、

 

しっかりと記録を取って、どういうキーワードで検索したときに効果があったのか、ということをチェックしておきましょう。

 

毎日そうやってテストを繰り返すことでしか、効果的な方法を見つけることはできません。

 

効果が出ないうちは辛いと思いますが、これをやるかやらないかで、集客で効果が出るかどうかも決まってきます。

まとめ

・アメブロの「ぺた」でサラリーマン以上に稼いでいる人は今も存在する

 

・何気なく「ぺた」をするのではなく、ネットの利用が多い時間帯を把握しておく

 

・平均利用時間帯はライバルが多いので、ターゲットが一番ブログを見ていそうな時間帯に「ぺた」をしてみる

 

・ターゲットがどのようなことに興味があるのかをしっかり考えて、「ぺた」を実行する

 

・その業界で有名な人や、ブログに書きそうな言葉、同じテーマの格上ブロガーさんに絞って「ぺた」をしてみる

 

・「ぺた」も毎日やり続けて、テストし続けることでしか結果が見えてこない

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です