見込み客だけにアプローチする、アメブロ読者登録5つの方法

どうも、レオン君です!

 

今回は無料ブログで最も有名な「アメーバブログ」を使った集客法についてお伝えしていきます。

 

そもそも、アメブロは商用利用禁止なのでアフィリエイトを直接行うための媒体としては向いていません。

 

ただし、ビジネスのリスト(見込み客のメールアドレス)を集める媒体としてはとても優れています。

 

たとえば、アナタがメインで運営しているブログに誘導したり、直接メルマガフォームを設置することでリストを集めることが可能です。

 

アメブロは、facebookと同じで、人が集まっているからこそ利用するサービスであり、

 

また他のブログサービスにはない複数の独自機能があるからこそ集客のツールとして利用する価値があります。

どうして集客にアメブロを使うのか?

引用URL:http://web-okite.com/reason-of-using-cardloan/

無料ブログのサービスをやっているとことはたくさんありますが、なぜ集客にはアメブロを使うのでしょうか?

 

それは、簡単です。ブログユーザーが一番多いからです。

【User Ranking】

 

  1. アメーバブログ → 約40万ユーザー
  2. FC2ブログ   → 約10万ユーザー
  3. Yahoo!ブログ → 約9万ユーザー

 

この3つがユーザー数の多い順番のランキングです。

 

無料ブログといえば「livedoorブログ」「JUGEMブログ」「Seesaaブログ」「ココログ」

 

「はてなブログ」「楽天ブログ」など多数ありますが、アメブロがダントツでユーザーが多いことがわかります。

ブログユーザー数が多いと何がいいのか?

引用URL:http://ur2.link/FrGS

まず集客に関して無料ブログの良い点とは、ブログ新規開設時からブログが強いことです。

 

それは既にあるドメインを利用してブログを開設しているからです。

 

アメブロでブログを開設するとameblo.jp/rengaakai/というURLになります。

 

ユーザー数が多いことによってこのameblo.jpのドメインが強烈になります。

 

ですので、ページ数の多いドメインとして検索エンジンから判定されます。

 

つまり、検索にひっかかりやすいということです。

 

また、ユーザー数が多いブログサービスは、そのブログユーザー同士での訪問も増えます。

 

ユーザー数が少ないサービスだと明らかにアクセスの数は変わります。

 

そして何よりもアメブロは、もともと芸能人などがオフィシャルで利用するブログとして使われていたので、ブランド力のある無料ブログになります。

 

「アメブロでブログやっています」と言うのと、「○○(他社)ブログでブログやってます」と言うのではやはり聞いた印象も違います。

「ameblo.jp」に対するGoogleの評価の変化

引用URL:https://www.gyro-n.com/seo/seo-check/

アメブロは、ドメインの力が強力なブログでしたが、近年、その影響に変化が生じています。

 

あくまでもドメインの力などを決めるのはGoogleです。

 

ユーザーが多いことによりアメブロは力を保っていましたが、Googleはそれよりも「コンテンツの質」ということに重きを置いて、検索エンジンを改良しています。

 

また、2012年以降、アメブロがスパム対策で行ったブログ削除などが、逆にスパムブログを量産させる結果になり、

 

中身の無いブログがランキング上位に表示されるなど、アメーバブログの実態とGoogleが掲げる「ユーザーにより良いコンテンツを提供すること」とがかけ離れていってます。

 

そのため、これまでのように「ameblo.jp」が強力とは言えなくなり、この状況が改善されない限りはさらにアメブロのドメインの力は下がっていくことになります。

アメブロは商用利用禁止されている?

引用URL:http://neo-marketing.net/freeblogservice/

「集客に利用すると言っているけど、アメブロは商用で使ってもいいの?」と思った方もいるかもしれません。

 

アメブロを運営しているサイバーエージェントは公式的には商用を利用を禁止としています。

 

しかし、実際は商用利用としてアメブロを運営している人はたくさんいます。では、なぜなのでしょうか?

 

それは、ブログ運営会社はユーザーを増やし、全体のPVを増やしたいのが本音だからです。

 

ブログ運営者としてはユーザーが増えなければブログ事業は成り立ちません。

 

ユーザーをとにかく増やし、ページビューが生まれることによって、広告収益や事業の発展があります。

 

しかし、例えば『アフィリエイトで3ヶ月で50万円稼いだ』みたいなブログはブログ運営者としてはあまりやってほしくないわけです。

 

少人数ならいいのですが、アフィリエイターや情報販売者たちが、「アメブロでアフィリエイトのブログを立ち上げましょう」というようなことを言い出すと、

 

「アフィリエイトで○○」というブログがどんどん開設されていってしまうわけです。

 

ブログ運営者側にとっても、さすがにそのようなブログばかりが乱立するのは困ります。

 

なので、表向きは商用利用と謳っているだけであって、結局はイメージの問題なので特別気にする必要はありません。

 

実際、たくさんの事業主たちがアメブロを使って集客をしていますし、運営側もそれは知っていて当然です。

 

ただ、自分の記事にアフィリエイトリンクを貼り付けたり、『無料』や金額に関するワードを並べると、

 

その記事自体を削除されることはよくあるので、限度をわきまえて適切な利用をしましょう、ということです。

 

つまり、直接的なビジネスのために利用するのではなく、アナタがメインで運営しているブログに誘導したり、

 

直接メルマガフォームを設置することでリストを集めるために利用することに適しているのです。

アメブロ集客とは

引用URL:http://www.p2bco.net/ameblo-2/

アメブロを使って集客する方法は主に以下の3つがあります。

 

・SEOからの集客

・アメブロランキングからの集客

・読者とのコミュニケーションによる集客

SEOからの集客

SEO(Search Engine Optimization)とは、『検索エンジン最適化』を表す言葉で、検索ユーザーに向けて検索結果をより多く、分かりやすく知ってもらうために最適化することを意味します。

 

つまり、この方法は、Google検索やYahoo検索からアクセスを集める方法でSEOの対策を行うことで、

 

狙ったキーワードで検索エンジンの上位に表示させることがで、そのキーワードで検索してきた人をブログに集客することができます。

 

SEOやその対策については【「SEOに弱い」と言われるアメブロでSEO上位を勝ち取る方法とは】で詳しく説明しているので、そちらを参考にしてみてくださいね。

アメブロランキングからの集客

アメブロのランキングに上位表示されると、ランキングを見た人がアクセスしてくれます。

 

ですから、ランキング上位に表示されると集客効果がかなりあります。

 

アメブロのランキングは「ブログのアクセス数が多い順」によって決定しています。

 

だから、アクセスの集まるブログ⇒ランキングに上位表示⇒さらにアクセスが集まるといった現象が起こります。

読者登録は必須

引用URL:http://urx.red/FrH3

基本的にインターネットからブログやホームページに集客を図る場合は、

 

キーワード選定をした上でタイトルを決めてから、TOPページを作り、記事投稿をしていくことになるのですが、

 

ライバルとなるページ数が多ければ多いほど、ヤフーやグーグルからのアクセスを安定して得るまでには、

 

検索順位が存在しますので、それなりの時間を要することになります。

 

その期間を短縮してくれるのが、アメブロの読者登録機能です。

 

これは、駅前でチラシを配るのと似ています。

 

今日から、駅前のマンションでサロンをスタートしても、誰もその事をしりません。

 

どれだけよいサービスがあっても、知ってもらわなければ無いのと同じです。

 

お金があるなら、広告を使うのも良いでしょう。

 

業者に頼んでチラシを配ってもらうのもアリだと思います。

 

こういった経費を削減する為に、読者登録と言う作業をするのです。

 

まずは、ブログを作る事ですが、これは起業の準備にすぎません。

 

準備ができたら、次は宣伝活動になります。

 

そして、この宣伝活動から、本当のスタートになるのです。

 

ただし、ブログの記事もない、価格も場所もわからない、という状態で読者登録をしても無意味です。

 

読者登録は1日に50件登録をすることができるので、この機能を活用してアクセスを呼び込みます。

 

検索エンジンで上位表示される一つに、アクセス数があります。

 

1日のアクセスが100pvのブログと、1000pvのブログでは、当然後者のほうが有利です。

 

その為に、アクセス数を増やさなくてはいけません。

 

読者登録をする事で、登録された人は「おや?誰か読者登録してくれたぞ、誰かな?」と、あなたのブログを見に来てくれます。

 

これで、1pvの獲得になります。

 

読者登録は、そんなアクセス数を増やすと言う意味もあるのです。

 

やみくもに登録しても同じなので、アメブロの中にあるぐるっぽや、ランキングなどを参考にしていきます。

 

見込み客になってくれそうな方を見つけながら、読者登録をはじめてみてください(やり方はこれからお伝えします)

 

ぐるっぽ http://group.ameba.jp/category/list/

ランキング http://ranking.ameba.jp/genre/category

アメーバ―検索 http://search.ameba.jp/top.html

 

注意点としては当たり前ですが、読者登録をする相手はライバルとなる方にしても同じです。(向こうもビジネス目的です)

 

読者登録は、同業ではない普通に利用している方にしていきます。

 

またアメブロの更新をしていない方、読者登録を隠している方、

 

ブログの中にお気に入りの表示をしていない方は基本的に読者登録をする必要はありません。

 

理由としては、「このブログの読者」の方は、最新の読者登録者が表示されるので、

 

時間の経過と共に、トップページからの自分のブログリンクが消えてしまうのですが

 

「お気に入りブログ」の方は、あなたが記事を更新すると自分のブログへのリンクがあがってきます。

 

また読者登録をすると、相手のアメブロ管理画面を通じて読者登録をされたことが分かりますので、

 

どんな人が登録してくれたのかな?と興味を示しあなたのブログに訪問されやすくなります。

 

読者登録で大切なのは、読者登録返しをしてくれそうな方に向かって登録をするのではありません。

 

自分の商売に興味を示してくれる人に対して登録をします。

 

それらを踏まえて、「読者登録返し」をしてもらうと、自分が記事を更新した時、相手の管理画面にあなたの更新情報が表示されるので、

 

読者登録をした後のリターンアクセスだけではなく、記事更新をすることで、管理画面やお気に入りからのアクセスも見込みやすくなります。

 

また読者登録は、最大1000人まで行うことができるのですが、コツコツと登録をしていくと、1000人の登録は1か月強で終わります。

 

こちらが読者登録をしても、相手がこちらに興味を示してくれずに読者登録をしてくれない時も多々あります。

 

そういう方がいたら、こちらで読者登録をやめると、その分が整理されますので、また新規で登録が出来る様になります。

アメブロで読者登録をすると、あなたのブログの読者も増える仕組みとは

引用URL:http://urx.red/FrH6

読者登録は有効に活用することで、非常に高い集客効果を生み出す方法です。

 

ここからはそれを生かすために、より具体的な読者登録の方法をご紹介していきます。

 

アメブロで自分のブログの読者を増やすためには、自分から読者登録をして、相手にアプローチしていきます。

 

先にこちらから読者登録することで、相手にも自分のブログに興味を持ってもらう方法です。

 

これが結構効果的です。

 

なぜなら、上手く読者登録をすると、30%の人が読者登録を返してくれるからです。

 

そうすることで、あなたのブログの読者がどんどん増えていきます。

 

流れとしては

 

1:読者登録をする

2:読者登録された相手が、その通知に気付く

3:気付いた読者が「どんな人が登録してくれたのか?」とあなたのブログやプロフィールを見に来る

4:あなたのブログに興味が出たり、お返しの意味で読者登録をしてくれる

 

これが読者登録をすることで、あなたのブログにも読者が増える流れです。

 

ここで重要なのが、適当な人に読者登録をしないことです。

 

【アメブロで効果的に「ぺた」を実行する方法】でも解説していますが、ちゃんと自分のブログに興味を持ってくれそうな人に対して、読者登録も行っていく必要があります。

読者登録の効果をアップする5つの方法

読者登録を効率的に行うには、抑えておくべきポイントが5つあります。

 

その1つ1つをここから解説していきます。

あなたのブログに興味のあるターゲットに絞る

まず、読者登録でも基本となるのが、ターゲットの選定です。

 

たとえば「就職して大企業に勤めることが最もいい人生だ」と信じてる人に、自分自身で起業してネットで稼ぐというブログで読者登録をしても、相手は何の反応も示してくれないでしょう。

 

関西に住んでいる人を集めたいのに、東北とか北海道に住んでる人を読者登録しても、遠すぎて意味が無いのと同じことです。

 

まずは、あなたがどういう人にブログを読んで欲しいのか、どういう人なら自分のブログに興味を持ってもらえるのか、ということをしっかりと絞っていきましょう。

 

ターゲットの属性を絞って、ターゲットが興味のあるブログにしていかないと、読者登録が返ってくることはありません。

アクティブユーザーに絞る

読者登録で重要となるのが、ブログを今も更新したり、アメブロを読みに来ているユーザーに絞る、ということです。

 

たとえばアメブロの記事の更新が1年前で止まっている人が、今もアメブロを見たり、読者登録をチェックしている、とは考えにくいですよね。

 

そのような更新などが止まっているブログの読者登録をしても、見込みはほとんどありません。

 

逆に言えば、今日や昨日、期間が開いていても先週とかに更新したユーザーであれば、またブログを見に来る可能性や、ブログが更新され続けている可能性が高くなるわけです。

 

そういうユーザーに読者登録したことを気付いてもらえれば、読者登録が返ってくる可能性が上がります。

読者登録する前に、記事に「いいね」をする

読者登録をする前に、相手のブログの記事を読んでおきます。

 

そして、新着の記事や良いと思った記事に「いいね」を実行します。

 

そうすることで、相手に読者登録なども含めて目に止まる可能性が高くなります。

 

また、「いいね」をする記事は、ポジティブな記事にしておきましょう。

 

相手の不幸があった記事に「いいね」をしても、「いいね」なわけがないので、相手に不快な思いをさせてしまいます。

 

ただし、現在「いいね」はツールによってされまくっているので、いいねの効果は薄いかもしれません。

読者登録をしたら、相手にメッセージを送る

読者登録をした相手に対して、個別でメッセージを送ることで、より一層相手に気付いてもらいやすくなります。

 

ただし、送るメッセージには気をつけましょう。

 

単に「読者登録したからあなたもお願いします。ブログ見に来てください。」だけだと、宣伝やスパムと捉えられてしまいます。

 

メッセージを送るなら、しっかりと相手のブログを見て、相手の記事を読んで、その感想を送ってあげましょう。

 

自分のことよりも、「あなたの記事を読んでどこが良いと思ったのか、どういうこと気持ちになったのか。」ということにフォーカスしてメッセージを送りましょう。

 

決して自分のブログを読んで欲しいという内容を送ることはオススメしません。

 

また、アメブロでは24時間に11件以上のメッセージを送信すると「迷惑メール」の扱いを受けてしまいます。

 

ですので、1日に送るメッセージは10件までにしておきましょう。

 

これを考慮すると、一日に読者登録する数も、メッセージの送信上限である10件に留めておいた方がいいですね。

 

無差別に読者登録するよりも、一件一件丁寧に読者登録をしていく方が、遠回りなようで、濃いファンを獲得するには確実な方法になります。

自分のブログで相手の記事を紹介する

相手にとって、他の人のブログで自分の記事が紹介されたら嬉しくなるものです。

 

そのため、相手も読者登録をしてくれる可能性が上がります。

 

1記事1記事、小まめに紹介していくのは大変な作業になりますので、「今週面白かった記事」などのように紹介して、その中に加えてあげるといいですね。

 

また、本気で気に入った記事は、1記事しっかり確保して紹介してあげるといいでしょう。

アメブロのペタも有効

引用URL:http://kumahachi.me/ameblo/post-1618

アメブロの中で1番がんばらないといけないのは、読者登録になるのですがもう1つアクセスアップに有効な機能があります。

 

それが「ぺた」という機能です。

 

相手にペタを残すことで、相手からのアクセスをもらうことが出来ます。

 

ぺたは、1日に500回まで可能です。

 

ただ、このぺた機能は手軽な分、ビジネス目的の方が、ぺたソフトを使って頻繁に日頃からやっていますので、昔よりも効果はかなり落ちています。

 

理由としては、同じ人に対して、何度も、何度も、ペタをしている人が多いからです。

 

そういうこともあって、ぺたは通用しないと言われていますが、僕はいまだにペタをしても、それなりの効果を得ています。

 

それはなぜかというと、一度しかペタを残さないからでもあるのですが、

 

読者登録でやる事と、ぺたをやる事が違うからです。

 

読者登録は、同業者じゃない人を登録しましょうとお伝えしたのですが、

 

ぺたを行って集客を促そうとする時は、既に同業者の読者になっている方にペタをします。

 

逆でもいいのではないか?と思われるかもしれませんが、僕は読者登録を行う上で大切なのは、

 

自分のファンになってもらえる様に多少はジャンルの幅を広く取りながら、新規開拓をしていくことだと思っています。

 

同業者の読者になっている人に対して、読者登録をしてもいいかもしれませんが、

 

既にファン化している可能性もありますし、よほど差別化できるものがなければ、こちらに引っ張るのが難しくなります。

 

だからといって、見込客になる可能性はある訳ですから、ぺた機能を使って、様子を見るぐらいの感覚です。

 

アメブロの「ぺた」でより効果的に集客していくには、【アメブロで効果的に「ぺた」を実行する方法】を参考にしてください。

読者とのコミュケーションによる集客

引用URL:https://media.o-sr.co.jp/recruit/recruit-11961/

読者が目を引くプロフィールの書き方のコツ

 

まずアメブロで多くの方が疎かにしているのがプロフィールです。

 

ブログ名には力を入れるのですが、プロフィールにあまり力を入れていません。

 

ブログで最も見られるはプロフィールです。

1.プロフィールが画像はピグではなくオリジナルの写真やイラストを使う

引用URL:http://kyoukanet.biz/amesettei/

プロフィールがアメーバピグになっている人が結構いますが、正直それではインパクトがありませんしオリジナリティがありません。

 

実際の写真や自分用にイラストを書いてもらったものを載せるようにしてください。

 

例えば、健康系や医療系の情報発信をしていくのであれば、

 

白衣を着て写真を撮ったものをプロフィール写真にすると非常に権威があり効果的になります。

 2.プロフィールに神話の法則を取り入れる

あなたが情報を発信するには、お客さんにとってはこの人のブログなら読んでみたいと思わせる必要があります。

 

そのために自分のストーリーをプロフィールに組み込んでください。

 

例えばダイエット関連の記事を書いていくのであれば、既に70kgから45kgまでのダイエットに成功している状態が現在で、

 

そこから一気に今の体重になるまでのストーリーを過去に遡って書くのです。

 

プロフィールに神話の法則を取り入れる方法は『神話の法則を利用してプロフィールに興味を持たせる方法』を参考にしてみてください。

3.ニックネームはテストする

ニックネームは何パターンか試してみて一番反応の良いニックネームになるまで変えてみてください。

 

脚痩せ専門家@マキ

 

にしてみるとか

 

1日10分で脚痩せ@マキ

 

とかそのプロフィールの名前によってアクセスが変わってきます。

 

一発で良いニックネームに決まるわけではありません。

 

基準は、アクセスが多いかどうかです。

 

以上3つのアメブロ集客手段を目的によって柔軟に使い分けましょう。

アメブロ集客ツール

他人のブログに足跡をつけたり、読者登録したりを半自動で行うことができるアメブロツールがあります。

 

僕が実践で使っているのはアメーバキングというツールですが、おそらく現状のアメブロ集客ツールの中でも機能性が一番高いです。

 

アメブロでのツール活用法は、【アメブロで効果的な集客方法と、アメブロ集客の危険性】を参考にしてください。

アメブロ集客におけるアクセス解析の罠

 

ame_ana

 

アメブロで集客をするのはいいのですが、アメブロを利用するときに気をつけてほしいことがあります。

 

それは、アクセス解析の問題です。

 

アクセス解析はどういうキーワードで検索されているかを知ってくために必要です。

 

しかし、正直なところアメブロのアクセス解析はあまり使えません。

 

というのもまず、アメブロの「PV」「UU(ユニークユーザー数)」などはかなり水増しされています。

 

だいたい7倍~10倍ぐらい水増しされています。何で比べているかというとGoogle Analyticsです。

 

解析ツールもいろいろあるのですが、やはり無料なのに高機能で精度が高いのはGoogle Analyticsです。

 

そのGoogle Analyticsの解析コードをアメブロに入れてみるアクセス数が全く違うのです。

 

ですので、アメブロでブログを書いて「アクセスが増えてきたー!」とアメブロの解析ツールを見て判断するのはやめておいてください。

 

できるだけ、Google Analyticsなどのきちんとした解析ツールを使って分析しましょう。

 

アメブロが実際よりも多くアクセスがきているような解析結果になっているのは、

 

おそらくプロフィールの訪問やペタなど本来のコンテンツである記事以外で、

 

アメーバーユーザー同士でのアクセスなどもカウントされていると考えられます。

 

僕らは、ビジネスとしてアメブロを利用するので、

 

アメブロ内の解析ツールは軽い参考程度にしておきましょう。

 

正しい測定はできていないと覚えておいてください。

 

アメブロにGoogleアナリティクスを設置する方法はこちらを参考にしてください。

 

【アメブロにGoogleアナリティクスを設置する方法】

 

アメブロがどのようなアクセス解析を行っているのかは、こちらを参考にしてください。

 

【アメブロのアクセス数は水増しし放題だった(2017年8月23日検証済み)】

まとめ

・アメブロを集客に使うのは、国内のユーザー数が40万人以上と無料ブログの中でも圧倒的に多いから

・ブログユーザーが多いと、「ameblo.jp」というドメインの力が上がる

・ただし、アメブロの実態がGoogleが求めるものと離れ始めている

・アメブロの商用利用は禁止されている

・アメブロでは、ランキングからの集客は必須

・アメブロの読者登録は、強力な集客方法

・読者登録が出来るのは1,000人まで

・読者登録はしっかりターゲットの属性を絞ること

・アメブロは「ぺた」などでもユーザーにアプローチが出来る

・「ぺた」も同様にターゲットの属性を絞ることが重要

・読者とコミュニケーションを取ることでも集客できる

・プロフィールには力を入れていない人が多いので、写真などの変更で有効に活用できる

・アメブロのアクセス解析は当てにならない

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です