【ネットビジネス専用】Facebook集客の極意

どうも、こうたです。

今日はFacebookを使った集客方法についてお話していきます。

 

Facebook集客も基本は同じ

 

まず、Facebook集客とはいえども、ネットビジネスでの使い方は他のSNSと基本的に変わりません。

あくまで、自分の持っている情報コンテンツありきで、そこに誘導するための媒体として、Facebookを用いるわけです。つまり、

 

  1. Facebookを見て築いてくれたお客さんを自分のブログやホームページに誘導する。
  2. 自分のブログやホームページには読者を魅了し信頼させるためのコンテンツをたくさん置いておく。
  3. 最終的には、メルマガやラインアットなどに誘導し、1:1のコミュニケーションに持って行く。

 

ということですね。

Facebookを使おうが、twitterを使おうがインスタを使おうが、SNSは集客手段にすぎません。集客のための一つの媒体・手段にすぎないんです。

 

そこでビジネスが完結するわけではありませんので、まずはその基本は忘れないようにしてくださいね。

 

Facebook集客に必要な3つの要素:エッジランク

 

Facebookでは、個人かグループのアカウントを作り、そこで宣伝したい内容を書いて発信していくことで、それを見たお客さんが投稿を読んで、URLをクリックする等の行動を取ってくれるわけです。

 

なので、自分のした投稿が、いかに多くの人の目にとまるのか、という露出の多さがすべてです。

 

じゃあ、Facebookでは、どういう投稿が頻繁に表示されるのでしょうか。実はそれには優先順位が決められています。

 

この優先順位のことをエッジランクというのですが、このエッジランクが高い記事ほど、より多くの人の目に頻繁に触れるように、表示されます。

 

Facebookで何気なく流れてくる投稿は、ただ無差別に表示されているというわけではないのです。そこで、Facebookが露出頻度を決定している時に見ている要素を挙げていきます。

 

親密度

実は、Facebookは、「親密度」というものを一つの指標としています。親密度はどのようにして測られているのでしょうか。

 

  • コメント
  • タグ付け
  • いいね
  • シェア
  • メッセージ
  • プロフィール閲覧

 

などです。これがどのくらいの頻度で行なわれているか、で親密度が測られます。ただ、これを維持するのは非常に難しいです。

 

なぜなら、一度上げても、コミュニケーションをとり続けないとすぐに下がってしまうからです。ここはその人のマメさが出ますね。

 

重み

同じユーザーの投稿でも、投稿によって重み付けがされます。より有益な投稿ほど、上の方に、頻繁に表示されるようになります。有益な投稿か否かはどうやって判断されているのかというと、

 

  • 写真
  • 動画

が含まれている投稿ほど、重要な投稿として重み付けされます。さらに、

 

  • いいね
  • コメント

の数が多いほど重要な投稿として判断されます。

 

経過時間

 

これはもう、みなさん直感的に知ってる、というか気づいてらっしゃるんじゃないかな、と思います。投稿後どのくらいの時間が経っているのか、によって重み付けされます。古い記事よりも、新しい記事の方が重要度の高い投稿として表示されます。

 

 

以上が、Facebookがエッジランクを決定する際に考慮している要素でした。ネットビジネスで、Facebook集客をする際には、絶対に意識するようにしましょう。

 

エッジランクを制するには、写真や動画を含めた投稿を、頻繁に行い、いいねやコメントをたくさん集めるとともに、頻繁に他のユーザーとコミュニケーションをとることが必要ということです。

 

注意事項

 

エッジランクを意識することは確かに重要ですが、エッジランクをあげればそれが集客に直結し売り上げにつながるというわけではありません。

 

無差別にエッジランクを上げたとしても、あなたのビジネステーマのターゲットとなるお客様が集まっていなければ全く意味がありません。

 

最初に述べたように、Facebookと言えども、基本はあなたがコンテンツ配信しているブログやサイトに誘導し、最終的にメール等の1:1でコミュニケーションを取れるメディアから売るのが基本です。

 

もっと言えば、何にせよ、あなたの情報コンテンツを販売することが目的なわけです。

 

なので、その情報販売につながるような、興味を持ってくれそうなお客様を集めなければいけないというのは考えてみれば当たり前のことです。

 

これを忘れてしまうと、あなたの投稿で、ターゲットとは違う全く的外れなユーザーを集め、ターゲットとは違う全く的外れなユーザーに対して、必死にコミュニケーションをとってエッジランクは高いはずなのに、結局のところ、売り上げには繋がらない、という状況になってしまいます。

 

ブランディング

無数にいるFacebookユーザーの中から、ターゲットを集中的に、効果的に集めるためには、ブランディングを考えないといけません。

 

ブランディングとは、自身をブランドとして印象付けることです。例えば、ルイビトンとか、コーチとか、ポルシェとか、名前を聞くとイメージする印象がありますよね。

 

もっと身近なものでいうと、スタバとかもそうですし、別にオシャレな物だけでなく、安い・庶民的という印象を与える意味ではマクドやすき家なんかもブランディングには成功していると言えるでしょう。

 

わかりやすいのでこの例えで説明すると、スタバは、多少高くてもコーヒー1杯にお金を払うから、オシャレで静かな空間・時間が欲しい人がターゲットで、

 

すき家は、とにかく安く早くお腹を満たしたい人がターゲットだったり、マクドはその中間みたいな、大衆的・庶民的な層に、安くで空間も提供するということをしています。

 

このあたりのターゲットやブランディングについてのくわしい内容は別の記事でお話していますので是非とも参考にしていただきたいですが、

 

要するに、あなたのターゲットとするタイプの人だけが、あなたのFacebook投稿を見たときに、これは!、と目を留めるような投稿をすることが必要なんですね。

 

基本的に、Facebookの投稿なんていうのは、皆さん流し読みしていくだけで一つ一つ丁寧には読んでませんから、パッと見ただけで、あ、これ!っと、目をとめてもらえるような投稿でないといけません。

 

そのためには、写真が必要不可欠となります。思い出してみて欲しいのですが、スタバもマクドもすき屋も、パッと見た瞬間に、それだとわかりますよね?

 

スタバと言えばあの緑のインテリアデザインに、あのマークがついてますし、マクドなら黄色・茶色で装飾され、有名なmのマークが目立ちます。

 

すると大して意識していなくても、たくさんお店が並んでいても、目に留まります。あ、スタバ、あ、マクド。というように。

 

そういう要素がFacebook投稿にも必要と成ります。そのための簡単な方法としては、同じトーン・系統・色合いの写真を使い続ける、というのがあります。

 

さらに、たくさんある投稿の中でも一際目を引くような、洗練された画像、あなたのビジネスのターゲットとする人ならではの、そういう人がピンポイントで目を引くような、画像を使うことが大切です。

 

とはいえ、それってどんな画像?どんな攻め方?となると思いますので、この辺りを参考にすると良いです。いくつかの事例が挙げられています。

http://ikigoto.com/digitalmarketing/blog/post-5/

http://www.m-hand.info/blog/4898/

 

この際、やはり一番意識しないといけないのは、ターゲットとなる読者が望む理想の未来を想像させ、共感させることです。

 

Facebook広告

Facebookには、広告制度が設けられています。

 

これは、お金を払うと、その払った金額に応じて、多くのひとの元にその広告を表示してもらえるサービスです。

 

あなたも、友達でもなんでも無い人の投稿が、自分のタイムラインに流れてきた経験、何度もありますよね?意図せず広告・宣伝ページに飛んでしまった経験もあるのでは無いでしょうか。あれです。

 

ただFacebook広告は高額な割に効果が低いのが実情です。

 

もちろん、練りに練った画像・文章・コピーライティング能力があれば一定の成果がすぐに得られるわけなので、まめにコミュニケーションをとっていくよりも認知は早いです。

 

そのため、時間をお金で買うという意味では効果的でしょう。ただ初心者が手を出しても、広告に払ったお金の元を取れない(いわゆる赤字)になってしまうことも多いので、初心者向きではありません。

 

まとめ

 

  • Facebook集客といえども、基本は同じ。自分のブログやサイト、メルマガやラインアットといった自分のメディアに誘導するための入り口として使うこと
  • Faceboom集客の効果はいかに多くの人の目に触れるかにかかっている。そのために意識すべきはエッジランク。
  • やみくもに集客するのではなく、売り上げ増加につなげるための集客を行うためには、ブランディングが重要。ブランディングを意識したFacebook投稿を。
  • 有料のFacebook広告に関しては、時間をお金で買うということになるので初心者にはオススメしない。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です