【保存版】ブログのニックネームのつけ方厳選9選

こんにちわ、昨日腹痛で寝れなかったレオン君です。

 

今回は、あなたがネットで稼いでいくために必要な、ブログのニックネームのつけ方に関して書いていきます。

 

なぜニックネームをつけるのか?

 

引用URL:https://mbdb.jp/it-news/name-policy-update.html

 

まず、なんでニックネームをつける必要があるのか?というところにあなたは引っかかるのではないかなと思います。

 

では、逆にもし名無しのブログがあったとしたらどう思いますか?冷たく感じ、

 

本当に人間が書いているのだろうか?という印象を受けるのではないでしょうか?

 

ここでブログにニックネームをつけるメリットに関してまとめてみました。

 

ニックネームをつけるメリット

 

・親しみが湧く

・どんな人が書いているのかわかる(下で詳しく解説します)

・いい印象を与える

・不信感が薄れる

 

これらの4つがあります。

 

ニックネームがあることで「可愛らしい名前で書いてるんだな!一体どんな人が書いているんだろう」と興味が湧いたり親しみが湧きます。

 

そして、特にビジネス系のブログは内容がどうしても硬く敷居が高いので、

 

どうしてもあまりいい印象を与えるとがないところがニックネームをつけることで

 

この人のブログなら読んでみてもいいかなと不信感が薄れ、いい印象を与えます。

 

では、実際に今からニックネームを作っていきましょう。

 

ネットで稼ぐための具体的なニックネームのつけ方

 

引用URL:http://blog.livedoor.jp/diet2channel/archives/46589031.html

1、普段のあだ名を使う

 

この方法はとても簡単で、なおかつ過去にこういう風に言われていたという自己開示にも繋がるので、とても親しみが湧きます。

 

ブログ開設してニックネームを考えるのが面倒だ!という人にはかなりお勧めな方法です。

 

2、本名をもじる(一部を使う編)

これもとても簡単な方法です。

 

あなたの名前の1部を抜き出して、それをもじって新しい名前にします。

 

例えば

宏之(ひろゆき)や達彦(たつひこ)という名前であれば「ひろ」や「ゆっきー」、

「たっつー」や「たっちゃん」

こんな感じでもじってもらうといいと思います。

 

ただ名前なので人と被ることが多く、独自性がなくなるのであまりお勧めはしません。

 

3、本名をもじる(並び替え編)

これも簡単な方法ですぐにできます。

 

上の例でいくと

宏之(ひろゆき)や達彦(たつひこ)は「きゆろひ」や「こひつた」

という感じですね。

 

ただこれは名前によって使える人と使えない人が極端に分かれます。

 

しかし、このような並び替えではどうでしょう。

本名が田中宏之(たなかひろゆき)であれば、ひろゆきたなかですね。

Hiroyuki Tanakaやヒロユキタナカ

のようにと英語とカタカナにするだけでも印象がかなり違ってきますね。

 

個人的には英語で反対にするのがかっこいいのでお勧めしますし、結構やってる方もいらっしゃいますね。

 

4、本名をいじる(ローマ字編)

これはちょっと面倒な部分もありますが、何か新しい発想を生む方法でもあります。

 

名前をローマ字に直してそれを並び替えてニックネームを作ります。

 

例えば

「宏之(ひろゆき)」をローマ字に直すと、「HIROYUKI」それを「YUKIHIRO」

と替えてみたりということですね。

 

こうすることで新しい発想が生まれたりします。

 

Hが2つOが1あったとすればそれをつなげて、H2Oで「水」と変換してみたりすると、

 

無限にニックネームが作れると思うのでぜひ試してみてください。

 

5、干支や星座から作る

 

引用URL:http://wakumag.seesaa.net/

 

干支や星座を日本語・外国語にして名前と組み合わせたり、入れ替えたりする方法です。

 

例えば

「宏之(ひろゆき)が辰年(たつ年)だった場合、「たつひろ」「Tatuhiro」

辰→ドラゴン→「ドラひろ」や「ドラゆき」

という感じで変換していくと「これだ!」というニックネームにたどり着けるかもしれませんね。

 

6、誕生月から作る

 

引用URL:http://www.dragensmoke.com/2017/02/what-your-birth-month-says-about-your.html

 

生まれた月の漢字を名前に加えたり、それを英語にしたり組み合わせる方法です。

 

例えば

3月生まれなら「弥生(やよい)」、5月は「皐月(さつき)」、7月は「文月(ふみつき)」

 

名前が「宏之(ひろゆき)」で7月生まれなら「宏文(ひろふみ)」「Hirohumi」

などとしてもいいのかなと思いますね。

 

全員が全員ピンとくるものが出てくるのかは微妙なので、とりあえず書き出すだけ出してみて、いい感じになりそうであれえば使ってみるといいですね。

 

7、出身地から作る

 

引用URL:http://mirrorz.jp/article/yurushi-ryoku/

 

地名には、昔から引き継がれているので由来があり、使うとかなりパワーを発揮するものだと僕は思います。

 

地元が大好きだったり、地名などに思い入れがある場合は組み合わせてもいいですね。

 

例えば

大阪であれば「浪速」という言葉を前につけて「浪速のHiroyuki」や「浪速の宏之」

としてあげてもいいと思います!

 

簡単に作れるので気に入れば、名前と組み合わせて作ってみるといいですね。

 

8、ターゲットの現状から作る

 

引用URL:http://bokete.jp/odai/396190

 

あなたがブログを書いていく中で、この人に向けて書くというターゲットがあると思います。

 

そのターゲットの現状に入り込んで作るということです。

 

あなたがダイエットのブログを書いているとして、ターゲットの現状に現状に入り込んで作るとすると

元・あぐらかけない系肥満男子〇〇

元・ポテチ1日一袋おデブ〇〇

元・身長160cm体重75キロチビデブ男子〇〇

というようにその人の現状に入り込んで作ってあげると、「あ、それ僕も僕も!」という形で共感を生み読んでくれるようになります。

 

この方法で作るのは、かなりお勧めですが少し時間がかかる場合があるので面倒さがり屋さんにはおすすめではないですね。

 

ただしっかりニックネームを決めてやっていきたい、というあなたにとってはかなりいいと思います。

 

 

9、ターゲットの得たい欲から作る

 

これは、実際にあなたがターゲットの理想を手に入れている、というところから作る方法です。

 

例えば

受験であれば、3ヶ月で偏差値を15上げMARCHに合格@〇〇

 

ビジネスであれば、寝ながら月に30万稼ぐ高卒ニート@〇〇

という形でしてあげるとあなたのターゲットは、「それこそ僕の求めている世界だ!」というようになるのでこれもまたお勧めです。

 

しかし、これも上と同様で考えるのに少し時間がかかったり、中々良いアイディアが出てこない場合があるので、めんどくさがり屋の人にはお勧めしません。

 

まとめ

今回は、あなたがネットで稼いでいくために必要な、ブログのニックネームのつけ方に関して書きました。

 

ニックネームの作り方は、

 

・普段のあだ名から作る

 

・名前をもじる

 

・干支や星座から作る

 

・誕生月から作る

 

・出身地から作る

 

・ターゲットの現状から作る

 

・ターゲットの得たい欲から作る

 

これらが出ました。

 

あなたがどのレベルで書いていくのにもよりますが、ニックネームもネットで稼いでく上でとても重要な要素の1つです。

 

なので今回の記事で書かれていたことを参考に、センスのあるニンクネームをつけてもらえればと思います。

 

それでは、最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です