【目標必達!】ネットで稼ぐ6つのゴールデンサイクル

どうも、レオン君です。

 

今回は、あなたがネットで稼いでいく上でも普通に会社で働くにしても必ず必要となってくる目標必達のゴールデンサイクルをご紹介します。

 

あなたは、掲げた目標を全て達成できていますか?

 

中々難しいですよね汗

 

それは僕も、同じです。

 

ですが、この記事を見てそれを実行していけば確実にあなたの現状は変わることを約束します。

 

例えば、どのように変わるのか?

 

したいことが山ほどあってあれもこれもやらないと!と思っている場合であれば、まず自分が何をしなければいけないのか?を自分で導く事ができるようになります。

 

そうすることで1つのことに集中できるようになり、1つ1つの行動の質が上がっていきます。

 

着実に目標へと近づいていく事ができるでしょう。

 

ですが、もしこのサイクルが知らずにこのままネットで稼ごうと思っても一向に進むことなく、ネットで収入を生むことはあなたがいくら時間を割いてもいくら独学したとしても難しいでしょう。

 

せっかくネットを使って稼ごうと思ったのにも関わらず、一向に目に見える形で結果が出ないので現状に耐えることができず、結局投げ出してしまう

 

そんなことになっては本当にもったいないです。

 

なぜなら、続ければ確実に収入を生み続けることのできるこの仕組みを作ることができずに辞めてしまうことになるのですから、、、

 

では、今日の本題に早速移っていきます。

 

5つのゴールデンサイクルとは一体なんなのか?

目標を立てる

今の現状を把握すること

選択肢を増やす

ベストを選択する

行動する

他者に影響を与える

 

①目標を立てる

 

 

まず何をするにしても何を成し遂げるか?というあなたの目標が決まらなければ何もできません。

 

例えば

目的地も伝えられず、ただひたすらこの道を進んで行ってください!と言われたらどうですか?

 

1キロ過ぎ、5キロ過ぎ、10キロ過ぎひたすらあなたは進み続けます。

 

途中で「あーもうやめた!」といってその場に座り込んでしまいますよね。

 

ですが、どうでしょう。

 

地図を渡されて「ここまで来てほしい!」と言われれば、町の人に聞いたりすればあなたがたとえ極度の方向音痴だったとしても辿りつくことは可能だと思います。

 

それは、現在地と目的地が明確になったからですね。

 

正しい目標設定の仕方はこちら

 

②まず現状を把握する

 

 

目標設定ができれば次は、現状を知ることが大事です。

 

例えば、あなたがカフェを経営したい!と思うとします。

 

ですが、手持ちの資金が10万でなんのプランも立ててなければ実際にその目標とは結びつかないのです。

 

なのでこの場合であれば、まず、カフェの経営をされているオーナーの方に話を聞いてどんなことからしていったのかを聞く必要があると思います。

 

そこからその意見を参考にまずは、資金集めをしたりどういうシステムで集客など経営をやっているのかを調べたりすることが必要になってきます。

 

これはあなたが何か経営をしていたとしてもそうです。

 

「全然集客がうまくいかない」

「全く売り上げが上がらない」

「スタッフが全然動いてくれない」

 

などいろいろな問題が出てきます。

 

「どうしよう、どうしよう」と悩んでしまった時は、現状の問題点を紙に書き出してみるといいですね。

 

そこから優先順位を決めて、すぐに解決しないといけない問題から解決していくとおのずといい方向に向かっていくでしょう。

 

③選択肢を増やす

 

 

現状を把握できて問題点を書き出すことができたら次やるのは選択肢を増やしていくことです。

※注意※

問題点が明確になった時に90%以上のやってしまう例を出します。

 

あなたは何か問題が発覚した時に、なんでこうなってしまったんだろう?と考えることはありませんか?

 

実際僕もよくミスをすることがあり、その都度「なんで、、、」と自分を責めていました。

 

でも、「なんで?」と自分を問い詰めていった先に辿りつく感情は、とてもネガティブなものなんですよね。

 

そうなると問題が明確になっても気持ちが暗くなってしまい、次のステップに移るのがとても難しくなってしまいます。

 

もったいないですよね汗

 

答えは、問題に対して「どのようにすれば〜〜〜だろうか?」と問いかけることです。

 

そうすれば、問題を解決するためにあなたが取るべき行動・選択肢の数が増えていきます。

 

あと、1つあなたにアドバイスを送るとすれば、得たい目標を達成するためには手段を選ばないということです。

 

先ほどの地図の話に戻りますが、別に歩いていっても車でいっても新幹線でいっても飛行機でいってもたどり着けさえすればなんでもいいのです。

 

<目標>

指示された目的地

 

<手段>

・徒歩

・車

・飛行機

・新幹線

 

というわけですね。

 

④ベストを選択する

 

 

「③選択肢を増やす」では、とにかく明確になった問題に対する解決策(選択肢)を出していくという話をしました。

 

で次にやることは、その出した解決策(選択肢)の中で一番ベストなものを選んでください。

※注意※

ここで最も重要なことは、現時点であなたにとってベストな選択をするということです。

 

いきなりすごい解決策が出るかというとそれも難しいので、このサイクルを何回も繰り返し回していくことで、あなたの解決策のレベルも徐々に上がっていき

 

問題が起こった時にその場で早急に対処できたり、一番的確な解決策を導けることにつながります。

 

⑤行動する

 

 

「④ベストな選択をする」で今のあなたのベストな解決策を出すことができれば、次は実際に行動してみてください。

 

行動することは難しいかもしれませんが、ここであなたが行動できない場合は、もしかすると「③ベストな選択をする」ができていない可能性があります。

 

もしくは、ベストな選択が具体的でなく抽象的なもので行動する時にまた考えないといけないことが考えられますね。

 

もしそうでなければ、上のステップに戻ってもう一度練り直してみてください。

⑥他者に影響を与える

 

 

「他者に影響を与える」というの言葉だけ聞くと、あなたは「なんだか難しそうだな」と感じてしまうかもしれませんが、そんなことはこれっぽっちありません。

 

というのも「⑤行動する」が実行されていれば、おのずとあなたのとっていることは周りを刺激し影響を与えているからです。

 

今それは僕の記事を見ているあなたもそうです。

 

僕が上のステップを踏み「⑤行動する」をしたからこそすぐにページを閉じる人もいる中で今この部分を読んでいるあなたには少なくとも影響を与えていることは間違いないでしょう。

 

僕があなたに影響を与え、次にあなたが他の人に影響を与えぐるぐる回ってまた僕も他の人に影響されるというわけです。

 

そう考えると結構おもしろいですよね。

 

なのでこのサイクルを何回も回してみてください。

 

まとめ

・目標を立てる

・今の現状を把握すること

・選択肢を増やす

・ベストを選択する

・行動する

・他者に影響を与える

 

このサイクルを何回も回していった先にあなたの得たい結果が待っていることをお約束します。

 

まずはこの6つのステップを実行してみてください。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です