【心理術の教科書】コピーライティングの基礎LF8とは?

どうも、朝の弱いレオン君です。

 

突然ですが、あなたは人の根源的欲求についてご存知ですか?リアルではなく、ネットで稼ぐ場合でも、画面の向こう側には必ず人がいます。

 

つまり、“ネット”だからと言ってその人の欲求を疎かにしていると、あなたの商品は1つも売れることはありません。

 

 

今日の記事を見ているあなたは、ネットで稼ぐことはもちろんリアルでも稼ぎあげることを約束されたといっても過言ではありません。

 

なぜなら、人間の根源的欲求を知りその効果的な使い方を知ることで、人が吸い込まれていくように行動するようになります。

 

あなたがアパレル店員の経験がなくてもこの法則を知れば、その店でいちばんの売り上げをたった3ヶ月以内に達成します。

 

また、あなたが保険の営業マンであれば入社1年目で社内1位の業績を上げ、わずか3年で他の大手保険会社に引き抜かれエリート街道を突き進むことも可能になります。

 

しかし、この記事を読まなければあなたはお客さんの「根源的欲求」が全く分からないので共感を得ることができません。

 

なので、あなたが何かをネットで販売しようがアパレル店で働こうが誰一人あなたから商品を買ってくれないという恐ろしい状況ができます。

 

このような事態を防ぎたい方はここから先を読み進めていってください。

 

 

LF8とは?

LF8とは、Life Force 8の略で母親のお腹の中から赤ちゃんとしてこの世に生まれた瞬間からもう既に持っている感情、欲求のことを言います。

 

1、長生きし、人生を楽しみ、健康でいたい

2、美味しいものを食べたい

3、恐怖、痛みから逃れたい

4、異性と関わり、性的に交わりたい

5、快適に暮らしたい

6、他人より優れ、世の中に遅れを取りたくない

7、愛する人を気遣い、守りたい

8、社会的に認められたい

 

この8つがLF8です。

 

では、今から各説明と具体例などを入れながら使い方などを話していきますね。

 

1、長生きし、人生を楽しみ、健康でいたい

 

 

人は、本能的に長生きして健康でいたいという欲求があります。

 

でなければ、医療がここまで進歩することや長生きの研究がされることもなかったと思いますね。

 

ただ、もしあなたが「長生きしたいですよね?この青汁めっちゃ体にいいんですよ。1日1回飲むだけで血糖値も下がって便秘も改善されて血もサラサラになります。

 

しかもなんと本来なら1ヶ月1日1杯の30袋入りで5980円のところを今回に15名様に限り、半額以下の2980円でのご提供です。いかがですか?」と聞かれた場合

 

購入しますか?

 

僕は、「NO」です。

 

確かに健康でいたいとは思いますが、まだ若いので健康に対してお金を使うということはあまり考えられません。

 

僕らの年代で毎日青汁を飲んでいる人もそういないですもんね。

 

なのでこの長生きし、人生を楽しみ健康でいたいというのはだいたい40代以降に響くものだと思います。

 

先ほどの青汁のようにあなたが健康系やダイエット系の商品を扱っている場合は、この欲を刺激してあげると40代以降の人には伝わりますね。

 

2、美味しいものを食べたい

あなたは、「お金はいいから今日から好きなものを好きなだけ食べていいよ!」と言われるとどうしますか?

 

それでも遠慮してコンビニ弁当や学食を食べますか?

 

「いや、なんでも食べていいなら毎日高級なものや食べたいと思ったものを食べます!」

 

そんなに毎日本当に食べたいものを食べることはできないですもんね。

 

できるなら毎日高級寿司に高級焼肉を食べたいと僕は思います。

 

あなたはどんなものが食べたいですか?

 

この欲は誰しもが持っている欲です。

 

では、想像してみてください。

 

「あーお肉食べたいなー」とあなたが思った瞬間に携帯を手に取り、タクシーを呼び

 

巷でも有名な高級焼肉店に向かいます。

 

店内に入り席に案内されメニューを開いてみると、1、10、100、、、いつもより1つ1つのお肉の値段が1桁多くなっています。

 

ですが、あなたは迷わず一番高いA5ランクの松坂牛シャトーブリアンを指差し

 

「これお願いします!」と言います。

 

「かしこまりました!」と店員さん

 

しばらくするとこれまでに見た事のない薄ピンクのお肉があなたの眼の前に運ばれてきます。

こんなお肉をずっと食べていたいと思いませんか?

 

また違う日は、銀座の一流の寿司屋に行きその日取れたばかりの新鮮なお魚。

口の中に入れた瞬間に油のいい感じにのった中トロがまるで旨味のジュースを飲んでいるかのようにサーっとを身体中に染み渡ります。

 

ちょっとお腹が空いてきませんか?

 

これがこの欲求です。

 

3、恐怖、痛みから逃れたい

 

 

この欲求は、自分を守るために備わっている機能でこの機能がなかったら、今頃全世界の人類はとっくの昔に絶滅しています。

 

痛みは、脳が出す危険信号

 

もし、体がガンで犯されているのになんの異変も痛みを感じなかったとしたらどうですか?

 

異変に気付き病院に行っておけば治っていた病気も手遅れになり、急な死をとげることになってしまいます。

 

恐怖もそうです。

 

脳が「危ない!」という信号を送っています。

 

高いビルの屋上に上がり下を眺めた時に恐いと思うのは、脳が危険信号を送っているからですね。

 

この痛み・恐怖の使い方は、

 

小学生の娘がいて結婚している40代肥満の中年男性に対して、このまま痩せなければ娘の運動会や授業参観に行った時に、

 

娘を見るととても不機嫌であなたが手を振ってもプイッとそっぽを向かれます。

 

家に着き「今日どうしたの?」と聞くと「もうパパ学校来ないで!」とだけ言われます。

 

「え、、、」と何がなんだかわからない男性。

 

ママに理由を聞いてもらうように行って聞いてもらうと、「学校で友達にお父さんめっちゃ太い〜絶対あんなパパいや!」と言われたらしいと

 

このまま痩せなければ、一生娘さんは口を聞いてくれませんよ?というとこの男性は恐怖を感じ娘のためにダイエットをしようと思います。

 

このような感じで使ってもらえればいいですね。

 

4、異性と関わり、性的に交わりたい

 

 

この欲求があるからこそ今あなたにはお父さんとお母さんがいてばあちゃんとおじいちゃんもいるということです。

 

人間には、”子孫を繁栄させなければならない”という風に生まれ持って脳に組み込まれたプログラムのようなものがあり、

 

これがあるから僕もあなたも今こうして存在していることができます。

 

恋愛感情の行き着く先がここですね。

 

この感情があるからおしゃれをして外に出かけたり、女性は化粧をしたり料理教室に通ったりするということですね。

 

 

5、快適に暮らしたい

 

 

これは、当たり前すぎて特別な欲求ではありませんがホームレスのように川辺で住むよりは家があった方がいいし、

 

その家も狭いより広い方がいいし、ボロいよりも綺麗な方がいい。

 

年中裸より服はあった方がいいし、ベッドも硬いものよりふかふかの寝心地のいいベッドを求めるのは当然のことですよね。

 

6、他人より優れ、世の中に遅れを取りたくない

 

 

この欲求があるからこそ、人は努力をします。人間社会で”他人と比較をされる”というのは絶対に伴います。

 

それと同時に他の人よりも優れていたい、いい生活をしていたいと望みます。

 

また、ポケモンGOが始まった時にもとりあえず流行に乗り遅れたくないからといってアプリをダウンロードした人もかなりいるのではないかなと思います。

 

人は、流行に乗り遅れて周りから遅れを取るというこということをとても嫌います。

 

「今流行ってるあれめっちゃよくない?」という質問に対して、「え、、、何それ?」といった時に「え、知らんの!?んじゃいいわ!」と言われるのがとても怖いのです。

 

日本人は特に周りに流されやすい傾向にあるのでなおさらですね。

 

僕がネットで稼ぎたいと思うようになったのは、周りが持っていないスキルをつけたいと思ったからです。

 

男で料理をするようになったのは、男は料理を作れない人が多いので料理ができたら他の男よりも魅力的に見られるんじゃないか?と思ったらからです。

 

これは、”他の人より”という感情が強いから行動にあらわれたってことですね。

 

服もそうです。

 

去年流行った服を今年も来ていてそれ「去年流行ったやつやん!」と思われるのも怖いです。

 

だから、たまにウインドウショッピングをして店員さんに最近の流行りを聞いたり、雑誌を買ったりしています。

 

7、愛する人を気遣い、守りたい

 

 

この欲求が備わっていなければ、結婚したとしても生涯一緒に生活をしていくことはかなり難しいでしょう。

 

“愛”があるからその人を守るために稼いで養ってあげるために頑張ろうとします。

 

また、愛する人が何か病気になったときに病院を探してその痛みを早く取り除いてあげたいと思うのもこの感情があるからですね。

8、社会的に認められたい

 

 

承認欲求ですね。これは、大人・子供に関わらず全ての人が持っている欲求です。

 

他人に認められないというのはとてつもなく苦痛です。

 

例えば

小学校の時に周りの友達が「鬼ごっこしよー!」と言い出して

 

「俺も俺も!」と言ったら「え、ごめんお前はいいわ!」と言われます。

 

友達は、楽しそうにグラウンドで走り回っているのに仲間に入れず教室の窓からみんなを眺めています。

 

辛いですよね、、

 

これは仲間であると認められないからこのような感情になるんですよね。

 

何かグループに所属し、居場所が欲しいと人は誰しも思います。

LF8を使ったコピーの書き方

例として、ダイエット器具についてのセールスコピーを書くとしたら、LF8(人間の根源的欲求)の中からどの欲求について書けばお客さんに響くかを考えます。

 

お客さんの欲求にあったLF8(人間の根源的欲求)を使ってコピーを書くためには、以下のステップを踏みます。

 

1.お客さんがなぜそれを求めるのか?を考える

2.そこから商品に関係しそうなLF8を書き出す

3.商品を使うことで得られる世界を見せる

4.商品を使わずこのままいったらどうなるか問題を提起する。

 

ここで注意して欲しいことは、お客様は商品が欲しいわけではないということです。

 

その商品を使った先にある未来を求めているということを忘れないでください。

 

1.お客さんがなぜそれを求めるのか?を考える

どういうきかっけでお客さんがダイエットをしようというモチベーションを持つのかというところを考える必要がある。

 

<やること>

 

 

なんで?を繰り返す

例えば

ダイエットしないといけないと思っているお客さんがいるとする。

 

Q1:なんでダイエットする?

A1:メタボだからです。

 

Q2何でメタボは嫌なの?

A2:太っていると顔が大きくて下を向いたときに自然とできる二重顎が醜くてそれを他の人に見られるのが嫌なんです。

 

これは、太っている自分が周りから見たときに醜いと思われているかもしれないという劣等感からくる痛みなので

 

結果:痛み・恐怖から逃れたい

 

というところに行き着く

 

Q3:なんでメタボは嫌なの?

A3:今好きな人がいてその人は細くてスマートな人が好きと聞いたからです。

 

仮に無人島に住んでいたとしたら他の人に何を思われようがかまわないし、好きな人ができることもない

 

でも、人と関わることは避けて通れないし、どうせなら異性からよく思われたいと思う

 

結果異性と関わりたい、性的に交わりたい

 

 

という感情に行き着く。

 

こんな風に落とし込んでいくと商品に関係するLF8を出すことができます。

 

2.そこから商品に関係しそうなLF8を書き出す

よってダイエットに関係しそうな欲求は、

(1)長生きし、人生を楽しみ、健康でいたい

(2)痛み恐怖から逃れたい

(3)異性と関わり、性的に交わりたい

(4)他人より優れ、世の中に遅れを取りたくない

 

このような感情が出てきます。

 

3.商品を使うことで得られる世界を見せる

 

 

上で挙げられたLF8を使って、得られる理想の世界を見せる

 

このダイエット商品を使えば、今の生活を変えずたった3ヶ月でー13キロ痩せることができます。

 

やることは簡単このサンプルを1日食事前に飲むだけす。

 

痩せることでこれまであなたのことを見ていた男の目が変わり、あなたを恋愛対象の女としてみるようになります。

 

これまで周りの細い友達と一緒にいる時の劣等感からも解放され、友達が嫉妬してしまうような抜群のプロポーションを手に入れることができます。

 

また、ダイエットに成功することで太っているというコンプレックスからなかなか外に出ずに家の中にいることが多かったあなたも

 

外で楽しく飲んで踊って素敵な出会いがあったり、人生を180度変えることにも成功するのです。

 

という感じですかね。

4.商品を使わずこのままいったらどうなるか問題を提起する。

 

 

ここでは、上のLF8を使ってこのままこの商品を使わなければどんな最悪の未来が待っているのかをお客さんに突きつけます。

 

今からあなたがこのままこの商品を使わずに生活すれば、どうなってしまうのかを話していきますのでしばしお付き合いください。

 

まず、第一として当分の間あなたに彼氏ができることはないでしょう。

 

ズバリ言います。

 

男性の78%は痩せている女性が好きです。

 

ということは太っているというだけで損をしています。

 

好きな人ができたとしても太っているという理由で振られることも全然あります。

 

友達と歩いていてもあなたは常に友達と比較されています。

 

男の人は口には出しませんが、見た瞬間に「あ、太ってる」と認識されてしまい、そうなってしまうと正直そこから巻き変えるのは、

 

9回2アウトランナーなしからホームラン3本打つよりも難しいです。

 

また、健康面にも関しても朝起きても疲れが中々取れず、「これから1日が始まる!」というのに全くテンションが上がらずブルーな気持ちになります。

 

「太っている」ただそれだけの理由でこんなにも負のサイクルを産んでしまうのです。

 

今のままで本当に大丈夫ですか….?

 

今ならまだ間に合います。

 

という感じですかね。

 

まとめ

LF8(Life Force 8)を制するものは、ネットでもリアルでも稼げる!ということです。

 

なぜか?というとネットもリアルでも全て相手は「人」だからということですね。

 

なので、ここの欲求をわかっているかいないかであなたのこれからを大きく左右すると言っても過言ではありません。

 

文章を書く時や人と話す時は上に書いてある内容をしっかり実践してもらえればあなたの言葉に読者は惹かれ行動することは間違いありませんね。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です