【まとめ】最新メルマガ集客方法と解説ネットで稼ぐ悪魔の19ヶ条

どうも、最近朝が起きられないレオン君です。

 

今回は、あなたがネットで稼ぐために使っていくメルマガを使った最新の集客方法について書いていきます。

 

目次

まず、メルマガとはなんなんですか?

では、簡単に説明していきますね。

 

メルマガとは、オンライン上で行う新聞や広告のようなサービスのことでネット上で無料会員登録などをしないと利用できないサービスをしているところは、

 

そこから登録してくれたお客様に対して一斉にちょっとした情報を送ったり、新しいサービスの告知を送り価値を感じてもらってから商品の購入へつなげるということがメルマガだけで可能になります。

 

こういったネットサービスを扱っている人だけに関わらず一般の人も無料で使えるサービスとなっているのでとても簡単に始めることができます。

 

なぜ、メルマガ集客をするのか?

メルマガなんか発行して本当に意味あるの?そんな声も聞こえてきそうなのでまずは、なぜメルマガで集客するのか?というところから考えていきましょう。

 

では、『SNSの利用者』と『メールアドレスの利用者」どちらが多いと思いますか?

 

確かに最近では、年配の方でもSNSに登録される方も増えてきましたよね。

 

ただ、全てではありません。

 

それに対し、『メールアドレスの利用者』は携帯を契約した瞬間にメールアドレスを作るので『携帯の利用者数』=『メールアドレスの利用者』ということになります。

 

使い方を間違えれば全く効果がないメルマガ集客ですが、使い方をしっかりしていけばあなたの収入を確実に上げてくれる最高のアイテムになります。

 

メルマガを生かすも殺すもあなた次第ということですね。

 

メルマガ集客の目的

では、今からメルマガの目的について書いていきます。

 

1、顧客とのつながりを維持する

何かの場所で面識があり、軽く挨拶をした程度では正直これからも連絡をとることは難しいものです。

 

仮に名刺交換やメール、ラインの交換をしたとしても1度だけの関わりなので、そこから連絡を取り続けることも難しいです。

 

しかし、メルマガを登録してもらうと継続的にこちらから情報を発信し続けることで自分の商品やサービスを意識してもらうことが可能になりつながりを維持することができるのです。

2、商品やサービスに対するイメージ向上

メルマガを機械的に送るのではなく、会社の理念など思いを込めたり一緒に働いている人の声やサービスを現在利用している人の声を載せることで

 

信用や共感を生み会社自体や商品に対するイメージが上がっていきます。

 

3、読者をファン化させる

会社のサービスの案内ばかりでなく、メルマガを受け取ってくれている読者にとって役立つような情報を発信することで

 

メルマガを毎回購読するファンが増えたり、商品やサービスのリピーターがどんどん増えていき、あなたの商品やサービスに価値を感じてもらうことができれば

 

自分のSNSで紹介してくれたり、他の人にあなたの商品やサービスを進めてくれる人まで出てくるようになります。

 

4、読者の育成

メルマガを読んでくれる人がみんな意識の高い人ということは限りません。

 

思考には、3つの階層というものがあり上にいけばいくほど思考のレベルが高いです。

1階・・・とにかく無料の物好き、お金をかけずに情報を収集したいと考えている人

 

3階・・・自分の成長やスキルアップのためにお金を払って学びたいと考えて、考え方をしっかり身につけた上で方法を実践した方がうまくいくと分かっている人

 

1階から3階にいけば思考のレベルも高くあなたのサービスや商品を利用してくれる人の数は多くなっていきますが、人数は1階の人よりも少ないです。

 

なのでメルマガで集客して収入を上げていくには、この1階の人を教育して上の階に上げていってあげることが必要です。

 

そうすることで無料でしか何もしない人もあなたのサービスや商品に価値を感じて購入してくれるようになるというわけですね。

 

5、商品購入へ誘導

商品を買ってもらう上で最も大切なのは、「コニュニケーション」です。

 

コミュニケーションを十分にとっていけば、あなたが告知したサービスをすぐに見てくれたり、読者の「サービスや商品を買いたい」という気持ちを掻き立てることも可能です。

 

なのでメルマガの内容も返信をしてもらえるようなちょっとしたワークを入れたりすると、自然と読者と会話ができるようになるのでいいかもしれませんね。

 

メルマガ集客方法おすすめ8選

では、今からメルマガのオススメの集客方法について書いていきますね。

 

無料レポートの量産でメルマガ読者を集客

まず、無料レポートとはなんなのかということですが

 

無料レポートとは、例えばダイエットで悩んでいる人に対して自分の経験やネットや売っている本の内容を自分の言葉で分かりやすくWordなどでまとめてそれをファイル化(PDF)したものです。

 

これを量産することで『無料レポートスタンド』というところにレポートをアップすることで集客につながるということですね。

費用効果の高い広告を使ってメルマガ読者を集客

いきなり広告を出すんですか!?とあなたは思ったかもしれません。

 

確かに少しハードルが高いですよね。

 

広告は、僕は最初から取り組む必要はないと思います。

 

なぜなら収入も生まれていない状態で広告を出しても損になってしまうからです。

 

なのでステップとしては、

1、無料レポートやSNSで集客し、収入を生む

2、そこで生まれたお金の1部を広告に回し集客する

 

という流れです。

 

この流れをとってもらえれば損をすることなく広告で集客をすることが可能になります。

 

無料レポートやSNSの集客もかなり効果的で数百万単位であれば、全然稼ぐことは可能ですが無料レポートの量産とSNSを並行してやっていくのはかなり労力がいるので

 

収益をあげれば広告を出し集客するようにやっていった方がいいですね。

 

ワードプレス(WordPress)を使ってメルマガ読者を集客

初心者にとっては少し難しいワードプレスですが、長期的に見ると確実にブログはワードプレスを使っていくことをお勧めします。

 

ワードプレスは、SNSとの相性も良く連動させやすいので拡散させやすいかったりするんで長期的に見たときにアクセスが集まります。

 

そして、いきなり集客するのではなくワードプレスに書いてあるブログを読んでもらうことでメルマガ読者を集めやすくなるというわけです。

 

YouTubeを使ってメルマガ読者を集客

今の時代YouTubeを見ないという人はほとんどいないでしょう。

 

実際にテレビを見る人の数よりもYouTubeを見る人の数の方が多くなってきていると言う事実もあります。

 

YouTubeは、再生が終わったあとに自分の関連の動画を表示したり、動画の最中に自分のブログを紹介することでブログのアクセスアップを助けることもできます。

 

そして、YouTube内の検索からひっかかるのはもちろんGoogleやYahoo!の検索からも直接動画を見られることもあるのでYouTubeを効果的に使えるか使えないかで

 

集客の幅は大きく変わってくることは間違いないでしょう。

 

また、YouTubeを限定公開することでコンテンツの役割も果たすので使っていないあなたにはオススメですね。

 

ブログランキングを攻略してメルマガ読者を集客

ブログランキングは、かなりアクセスを集めるのに優れたツールです。

 

ブログランキングの3位以内に表示されるようになれば確実にそこからの一定のアクセスを集めることができるのでかなりいいですね。

 

ただし、これはランキングが3位以内に表示されないとほとんど意味がありません。

 

なんならランキング3位以内に入らなければ他のブログにアクセスを流しているだけなのでマイナス効果ですね。

 

なのでまずは、強豪の少ないランキングで上位を取りアクセスを集めて行って、ブログを育ててから強豪と戦っていくといいですね。

 

そうすれば、いづれ強豪にも勝てるようになりあなたのブログも上位3位以内に表示されて何もしなくても勝手にブログに訪れる読者が増えて

 

あなたが寝ていてもデートをしていても食事をしている最中にも集客され、お金が勝手に生まれていくという仕組みをこうちくできるようになるというわけですね。

 

アメブロを使ってメルマガ読者を集客

アメブロも集客に関しては特化したブログの1つです。

 

なぜなら、アメブロは日本で1番ブログユーザーが多い媒体なので質のいい記事を書けば書くほど勝手に集客をすることができるようになります。

 

また、アメブロにはアクセスを集める手伝いをしてくれる『アメーバキング』『アメーバプレス』というツールもあります。

 

『アメーバキング』は、Windows対応。

『アメーバプレス』は、Macbook対応という感じですね。

 

これらを使えば、何もしなくても勝手に他のブログの記事に『いいね』をしてくれたり、『ペタ』という足跡を他のブログにつけてくれます。

 

そうすることで勝手にアクセスが集めることができ、確実に見込みのあるターゲットを集客できるということですね。

 

ツイッターを使ってメルマガ読者を集客

 

はい。そこでそろそろ取り組んでいきたのがこのツイッターです。

 

ツイッターは、しっかり作りこんでいき活動的なフォロワーを1万人作ることができれば1回のツイートで大体50~100のアクセスを集めることができるので

 

ツイートでブログを流せばそれだけでたくさんの人があなたのブログに訪れるようになります。

 

ただし、ツイッターで重要になってくるのは「ツイート内容」と「フォロワー数」の2つです。ただ闇雲にフォローして適当にフォロワーを集めて、

 

毎日自分のブログに誘導したりLP(集客用のページ)のURLを貼ってもなかなかツイートを見ている人は反応してくません。

 

ツイートを見た人が価値を感じるような役立つツイートやニュース性のあるツイートを混ぜながらアカウントを育てていくことであなたのブログを見に来てくれる人の数はどんどん増えていきます。

 

そうすると次第に適当に集めていたフォロワーも自分が発信する情報に関心のある質のいいフォロワーに変わっていくということですね。

 

まず、フォロワーを増やすためには相互フォロー垢をフォローし、自分のターゲットとなりそうな人をひたすらフォローしていくと、

 

ちょっとずつフォローが返ってくるようになりフォロワーが増えていきます。

 

ただ、ツイッターは規制が厳しくフォローしすぎたりすると、すぐにアカウントを止められてしまうのでそこは理解した上で取り組むことをお勧めします。

 

フェイスブックを使ってメルマガ読者を集客

フェイスブックは、ツイッターと違って商業利用(ビジネス目的)での投稿が禁止となっています。

 

そして、ビジネスをやっている人で溢れているので差別化をするのが少し難しいですが、実名で登録する分うまく使うことができれば、

 

最も集客効果を発揮するSNSで最近では、フェイスブック広告も人気です。

 

では、実際にどうやっていけばいいのかを説明します。

 

1つ目

普段から読んでいる人にとって有益な情報を発信し続ける。そして最後にPS:か追伸:とつけてLINE@もしくは自分が一番見せたい集客用のページのURLを貼り誘導する。

 

また、自分の投稿のコメント欄に自分でコメントし上記の内容を記すのもありですね。

 

2つ目

普段は、読んでいる人が価値を感じる内容やプライベート的な内容だけ投稿し、コメントをしたりして良好な関係を築くことに専念する。

 

そして、週1か月に2回ほど誘導するような内容を投稿するか直接メッセージを送ってやりとりしてから集客につなげるという方法ですね。

 

3つ目

最後に、自分のフェイスブックページを作って自分でシェアをする方法です。

 

こうすれば商業利用も可能なのでよりいい情報をフェイスブックページの方に投稿し共有し、集客へとつなげることもできます。

 

とりあえずこの3つの方法の中から自分にあったものを実践してもらえれば、次第にいいね数も100以上集まるようになるので、集客にも困らなくなるでしょう。

 

最新のメルマガ集客方法

上の1番で説明した無料レポートを量産するというのをお伝えしましたが、ここではもっと詳しく書いていきます。

 

従来のメルマガへの集客方法は、

1、無料レポートをダウンロードしてもらう。

2、ダウンロードしてくれた人対してメルマガを発行する。

 

「3ヶ月で10キロ痩せるダイエット法」

「3ヶ月で偏差値を15上げ、志望校に合格する方法」

 

問題点

無料レポートとメルマガの関係性が薄い

 

結果

メルマガを読まれない

 

なぜ、このような事が起きるかというと読者には無料レポートしか見えていないので、無料レポートだけ受け取りそれで満足してしまうからです。

 

それを踏まえてどうするか?

 

最新のメルマガ集客方法① 『コンテンツ×コミュニティー』

1、コンテンツ×コミュニティーの参加者を集める

→コンテンツ:教材・ツール・ノウハウ

コミュニティー:コンテンツを最大限に生かすための補足

2、コミュニティー(講座形式)という形でメルマガを発行する

 

「3ヶ月で10キロ痩せるマニュアル」と「最新のダイエット講座」

このようにして毎日講座が送られてくるというのを前提をして登録を促すということですね。

 

そうすることで講座の途中で自然にセールスをすることもできるので集客した後の事を考えてもらかなり楽です。

 

最新のメルマガ集客方法② 『コミュニティーのみ』

1、最初からコミュニティー(講座形式)という名目で参加者を集め発行する

 

コミュニティー:通信講座→言い換え(旅、ツアー、物語)

 

「3ヶ月マイナス15キロダイエット講座」

「社畜サラリーマンの僕が3ヶ月で脱サラし月収30万円を得た夢物語」

という感じにして集めると講座がメインになるのでそこからセールスをかけやすく収入に直結しやすいです。

 

この2つの方法は、かなり効果的なので今から実践してみてください。

 

メルマガ登録を増やす21個の方法

集客方法について話したところでメルマガを登録を増やすための細かい部分について書いていきますね。

 

メルマガのタイトルを魅力的なものにする

まず、タイトルをみて何も魅力に感じなければメルマガを登録してみようという気持ちにはなりません。

 

魅力的にする要素

・具体性

・ベネフィット

・興味性

・反社会性

 

これらを入れることで魅力的なタイトルを作ることができます。

 

タイトルのつけ方

 

どれぐらいの人愛読しているのかを提示する

これは、根拠の提示です。

 

どのくらいの人が読んでいるのかが分かれば登録しても大丈夫かなと思わせることができるので、読者のリスクを減らすことができます。

 

メルマガを読んでいる人の感想を掲載する

人は、何か行動を起こすときに他の人はどう思っているのだろうと思います。

 

なので、ここで実際にメルマガを読んでいる人がなぜメルマガを読んでいるのか?読んでみてどうか?などの感想を掲載すれば

 

気になっている人はその人たちの意見を参考にメルマガに登録してくれるでしょう。

 

有益な情報が配信されていることを伝える

基本的に人は面倒くさがり屋なので、自分にとって有益な情報が得られないと思わなければメールアドレスを登録するという行動には移してくれません。

 

なので登録する前にどんな情報が得られるのかを具体的に書くといいですね。

 

お得情報が配信されることを伝える

「お得」と聞くと誰しも「おっ!」となります。

 

あなたは好きな服のブランドの服があったとしてそこのメルマガ会員になったりした経験はありませんか?

 

それは、メルマガでお得なクーポンやメルマガ会員だけ20%オフのお知らせをお得な情報と感じるということですね。

 

希少価値の高い情報が提供さえることを伝える

常に希少価値のある情報を提供することはかなり難しい。なので毎日と言うよりは月一だけある募集をしたりすれば、

 

「限定性」という希少価値をつけることができる。

 

あとはターゲットと同じ悩みを抱えていてそれを克服した人たちの独占インタビューを特別配信とすると、

 

これは、書店などでは絶対に手に入れることができないので希少価値を感じということですね。

 

読むのにそんなに時間を取らないことを伝える

メルマガの登録する時に、興味はあるけど読むのにどのくらい時間がかかるんだろう?

 

時間が結構とられかもしれないと思うと人は行動することができない。

 

なので、「毎日3分ほどで読める内容のメルマガです。」と最初に言ってあげると登録してもらいやすくなりますね。

 

読むターゲットを明確にする

こういう人に向けて書いているメルマガです。とメルマガ登録の時に書いてあると「あ、それ当てはまる!」と読者は思って登録してくれます。

 

逆にこういう人は読んでも役立ちません。というのもターゲットを絞って自分のターゲットだけをメルマガ登録させるテクニックですね。

 

この時に注意して欲しいことは、こんな人に向けて書いているの「こんな人」を具体的に書いてあげるということです。

 

例えば

中年太りで下っ腹が気になり始めた30代後半の男性。3人家族で小学校低学年の娘がいる。

こんな人に向けて書いています。

 

と書かれていれば、これに該当する人は間違いなく登録してくれるでしょう。

 

なので、メルマガ登録の誘導する際はどんな人に書いているのかということを明確にしてください。

 

登録すると特典もついていくることを伝える

「特典」と聞くと人は得をしたと感じます。この効果を利用してメルマガ登録に促す方法ですね。

 

メルマガで情報を得られるにプラスして特典も得られるというのは魅力的です。

 

ここでつけるといい特典は、即効性のあるものですぐに実践可能な物を付けてあげると読者は価値を感じてくれるのでオススメです。

 

SNSで告知する

メルマガとSNSの相性はとてもいいです。

 

なので「今日のメルマガでは、このような内容について書きました。詳細はこちらです」と書いてSNSで投稿するとそこからメルマガを登録して読んでくれる人が増えていくというわけですね。

 

メルマガ作者の経歴を書く

どんな人が書いているのか?ということが分からなければ読者はとても怪しく感じ、なかなかメルマガの登録をしてくれません。

 

どんな経歴があるのか?ということを示すことで読者は安心し、この人のメルマガなら読んでもいいかなとなるというわけですね。

メルマガ作者の写真を載せる

これは上にも似ていますが、写真を載せることで一層親近感がわきメルマガの登録率が上がります。

 

なので上の経歴とセットで書くと効果を発揮しますね。

 

メルマガの登録の入力フォームはメアドだけにする

たくさん入力項目を設けた方が便利でいんじゃないか?と考える人がいますが、これは逆です。

 

基本的に読者は面倒くさがり屋です。

 

メールアドレスを入力するのも正直面倒くさいと感じています。そんな状態の人がメルマガの登録フォームに来た時にたくさん書かなければいけない項目があれば

 

すぐに「×」ボタンを押してページを閉じてしまいます。

 

なのでせっかく登録フォームに来てくれた読者を逃さないためにも入力する項目は、メールアドレスだけにしましょう。

 

迷惑メールが来ないことを伝える

メールアドレスを登録する時に、心配になることの1つとして「迷惑メール」があります。

 

これを登録することで1日1000件以上の迷惑メールがきたらどうしようと不安になっているので、登録してもそのようなことは起こらないと一言いってあげましょう。

 

言うか言わないかで登録率はかなり変わってくるので一言付け加えるようにしてください。

 

個人情報流出の心配もないことを伝える

上の迷惑メールの件と同様個人情報に関しても読者は心配しています。

 

このメルマガを登録することで個人情報が流出して、知らない番号から電話がかかってきたり住所も特定されるのではないか?

 

と不安はどんどん膨らんでいきます。

 

なのでここでも個人情報の流出はございません。あなたの個人情報はこちらで大切に保管させていただきます。と一言書くようにしてください。

 

メルマガの解除が簡単にできることを伝える

1回登録してしまうと、ずっと送られてくるのではないか?

 

それはちょっと厳しいなと読者は登録する時に考えることがあります。

 

なので、「もし、配信されるメルマガを止めたいと思った場合は、メールの1番下にメルマガの解除フォームを設けているのでそちらから簡単メルマガの解除ができます。」

 

と書いてあげるようにしましょう。

 

配信の頻度を伝える

どのくらいにペースで配信されるのか?毎日なのか?週1なのか?そして、何時に配信されるのか?ということをあらかじめ伝えるようにしましょう。

 

ここで重要なことは、内容が大事ということです。

 

配信しすぎたから解除されるというわけではなく、結局は内容の充実具合なので内容も薄いのに頻繁に配信するのは控えましょう。

 

セールス感を出さない

メルマガを登録する時にこれから商品を販売されるのではないか?と読者に思わせてはいけません。

 

そうしてしまうと一気にメルマガの登録率は落ちてしまうので、あくまで読者にとって有益な情報が得られるということを書くようにしてください。

 

まとめ

今回は、あなたがネットで稼ぐために使っていくメルマガを使った最新の集客方法について書きました。

 

まず、メルマガはなんなのか?なぜ、メルマガを発行するのか?という基本的な部分を冒頭で説明し

メルマガの目的としては、

1、顧客とのつながりを維持する

2、商品やサービスに対するイメージ向上

3、読者ファン化させる

4、読者の育成

5、商品購入へ誘導

があること

メルマガ集客おすすめ9選では、

・無料レポートを量産でメルマガを集客

・費用対効果の高い広告を使ってメルマガ読者を集客

・ワードプレス(WordPress)を使ってメルマガ読者を集客

YouTubeを使ってメルマガ読者を集客

・ブログランキングを攻略してメルマガ読者を集客

・アメブロを使ってメルマガ読者を集客

・ツイッターを使ってメルマガ読者を集客

・フェイスブックを使ってメルマガ読者を集客

あなたがネットで稼ぐに当たって今から取り組める方法について解説しました。

最新のメルマガ集客方法では、

従来のメルマガ集客方法に対して

・最新のメルマガ集客方法①『コンテンツ×コミュニティー』

・最新のメルマガ集客方法②『コミュニティーのみ』

メルマガ登録を増やす19個の方法

ここは多いので省略しますが、メルマガを登録してもらうために必要な今すぐ実践できる事を書きました。

今日ここに書いた事をしっかり実践していけばあなたが寝ている間や友達と居酒屋で飲んでいる間、

彼氏彼女と遊んでいる間にもあなたのメルマガが登録され、勝手に収入が生まれあなたの口座にお金がどんどん積もっていくようになります。

では、最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です