なぜ、副業をするのか?

どうも、レオン君です。

 

今回は、あなたがネットで稼ぐために世の中の人がなぜ副業をするのか?というところから考えていけたらと思います。

 

ビジネスモデルで全てが決まる

あなたがこれからリアルで事業をしようがネットで副業をしようが全てはこの「ビジネスもモデル」で決まります。

 

どんなに商品が良くても

どんなにシステムが良くても

どんなに経営理念がしっかりしていても

ビジネスモデルがちゃんと整っていなければお金はうまく回りません。

 

いくらいい商品を作ったとしてもそれをうまく

世に広めることができなければ、誰の問題や悩みも

解決することができずに消滅してしまいます。

 

ネットビジネスとこれまでリアルビジネスとの違いは5つあります。

1、アプローチ範囲

2、時間

3、場所

4、システム

5、アプローチ数

 

僕も今でネットを使って収入を得始めてから約3年ほど経ち

ネットで稼ぐことが当たり前になりつつありますが、

まだ、ネットで稼ぐことに対して抵抗がある人だったり

メリットとデメリットを全く知らないまま過ごしているのではないかと思います。

 

アプローチの範囲と数に限界がない

これまでリアルで行われていたビジネス

 

例えばラーメン屋、カフェ、アミューズメントパークなどは

 

お客さんがお店に来てくれないと商売になりません。

 

ラーメン屋も出前がありますが、大阪から北海道に出前を届けることは無理です。

 

そうリアルのビジネスはどうしても商売に範囲があるんですよね。

 

大阪で店を出しているとすれば、その日に大阪のあなたが店を出している地域に来た人のうちの数%の人がくるのでかなり限られてきます。

 

さらにリアルの場合、店の規模によりいくら人が来たとしても満席になってしまえばお客さんがどこかに行ってしまいます。

 

そう考えると、リアルのビジネスは難しいですね汗

 

ですが、ネットの場合どうでしょう。

 

ネットでオンラインショップを作ったとします。

 

そうしたらツイッターやフェイスブックで拡散し、そういうのが興味ある人にメッセージを送り、その人がオンラインショップを見て「欲しい!」と思ったらそこでキャッシュが生まれます。

 

 

SNSも一つではなく、mixiやLineなどもあるので拡散できる幅とアプローチ数がリアルとか確実に違います。

 

先ほどのリアルの場合は、大阪にいたら北海道の人には物を買ってもらうことはできませんでしたが、ネットならそれが可能になります。

 

アメリカや海外の国に対してもネットを使って簡単に物を買ってもらうことも可能です。

 

そう考えると英語も収入を上げていく一つの手段なのかもしれませんね.

 

時間

リアルで事業もしくは会社で働く場合、勤務時間が決まっています。

 

わざわざ交通機関を使って、朝の満員電車に揺られ朝からくたくたの状態で会社についてそこから働きます。

 

例えばあなたが飲食店や設計会社を持つにしても24時間営業するのは難しいでしょう。

 

なぜなら24時間一人で会社を回すことも難しいですし、人を雇った場合に関しては労働基準法に違反してしまうからです。

 

ですが、ネットの場合。仕組みを構築してしまえば24時間フル稼働してあなたが寝ている間にも利益が生まれることになります。

 

また、ネットの場合は人を雇わずに仕事ができるので労働基準法に違反することなく個人で働きたいだけ働けます。

 

しかも、場所も時間にも縛られることなく自分のしたい場所で好きな人と一緒に仕事ができるのが最大の魅力です。

 

システムの自動化が簡単

ここがリアルビジネスとの最大の違いですね。

 

これまでのリアルビジネスもかなりシステムが良くなってきています。

 

スシローであればわざわざ店員さんが運んでこなくても寿司がお客さんのところに流れてきたり

 

スーパーに行けば、セルフで買い物ができるようになったりシステム化は進んで便利になっているが、人を完全に使わずに回せるわけではないですね。

 

しかも、これまでのビジネスは「人」を使ったシステム化が多く

そこには「感情」があります。

 

ということはそこの人間関係が悪かったり伝え方が悪いと

全く店が回らなくなります。

 

以前僕は、居酒屋で2年半ほど働いていましたが

ベトナムと中国の子がバイトに入ってきました。

 

その子たちは、まだ日本語もうまく話せなかったので

接客以前にメニューを覚えたり挨拶を教えたり、

そういったことから教えていきました。

 

そうなると忙しい金曜日などは、教えている暇もないので

ベトナムの研修生が違う卓に料理を運んで

料理を作り直したり前よりも店が回りにくくなりました。

 

こういった経験があるのでなおさら僕は、

個人でも「プログラム」をいじってシステム化が

簡単にできるネットに魅力を感じましたね。

 

まとめ

ネットでなぜ稼ぐのか?ということについて話しましたが、ある程度やっていけばシステム化がとても簡単ということなんですね。

 

アプローチする範囲も数もそして、ネット環境さえ整っていれば仕事をする場所にも困らない。

 

ネットは24時間動いているので寝ている間にも収入を生み続けることができます。

 

なのでまずは現実のリアルビジネスと比較してどうか?というところからネットで稼ぐことを考えてみてはどうでしょうか。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

失礼します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です