ネットで稼ぐプロフェッショナルに共通する30の特徴

どうも、阪口です!

 

突然ですが、『成功』についてお話したいと思います。

 

『成功』という言葉はとても曖昧で抽象的な言葉なので、この言葉を使うことを嫌う経営者も多いですが、アナタにはアナタなりの“成功”があり、アナタの隣に住む人にも、その人なりの“成功”があるわけです。

 

では、その『成功』を勝ち取るために、アナタはどのように行動していけばいいのでしょうか?

 

よく言われることに、「成功者になりたければ成功者の思考をインストールして、同じように行動すればいい」というものがあります。

 

全くその通りで、既に偉大な成果を出した人が見たり、聞いたり、感じたことを同様に受け入れて、彼らと同じような考え方、行動の仕方ができるようになれば、アナタは回り道をすることなく目指すべき場所に到達することができるようになるというわけです。

 

そこで、今回の記事ではネットビジネス業界で名立たる業績を上げている、いわゆる“成功者”と呼ばれている人たちに共通する30の特徴についてお話しようと思います。

 

ぜひ1つでも多くの特徴を真似してみて、モノの見方や考え方をさらに1段階上げて、ネットビジネスの成功者に近づいていきましょう。

目次

01. 指標となるメンター(師匠)がいる

 

個人でビジネスを行っていると、先行きが不安になったり、方向性に迷いが生じることが多々あります。

 

そんな時に教えを請い、正しい道筋を享受して、アナタを引き上げてくれるメンター(師匠)の存在がいることで、自信を持ってビジネスを進めていくことができます。

 

得てして成功者とは、尊敬すべきメンターに直接教えてもらえる環境の整備にはお金を惜しまないものです。

 

だからまずは、自分自身が心から「この人についていきたい!教えてもらいたい!」と思える人を見つけることが大切になってくるわけです。

02. 自己流に走らずメンターやテキストの教えを守る

 

『自分のビジネスを立ち上げる』とか『ネットを駆使して起業をする』と聞くと、周りとは異なる独創的なアイデアや方法を取らなければいけないと思う人がとても多いです。

 

しかし、まずはすでに成功した人の例に習い、その方法論や実践過程をしっかりと踏襲することが成功への近道になるのです。

 

“稼げない人の自己流”ほど怖いものはないので、メンターやテキストに教えをその通りに守るということを肝に銘じておきましょう。

03. 常に根拠のない自信を持っている

 

ネットビジネスで起業をするにあたっては、普通の神経をしていれば、幾度なく『本当に上手くいくのだろうか?』という不安に苛まれ、次第に作業のペースが落ちていってしまうものです。

 

そんな時にでも『自分だってできるはずだ!』という根拠なき自信を持って、前向きに頑張り続けられることが成功者に共通する特徴です。

04. 『目的』と『手段』を履き違えない

 

ビジネスが思い通りにいかない人は、目的を達成するために存在するはずの『手段』を遂行することそのものが、目的になってしまいがちです。

 

ビジネスで言う『目的』とは、「収入を増やすこと」や「お客さんに満足してもらうこと」など人それぞれですが、そのために必要な『手段』とは、大まかに言えば「作業をすること」ですよね。

 

手段はあくまでも手段なので、『ただ作業をすること』が目的にならないようにしましょう。

 

お客さんをたくさん集めたからといって、それだけで収入が伸びるわけではありませんし、毎日ブログを書いたからといって、お客さんが満足してくれるわけではありません。

 

アナタの『目的』に対して、今何が必要なのかを常に考えて『手段』を変えていくことが大切になってくるわけです。

05.他を圧倒するほど努力ができる

 

なぜかネットビジネスは『片手間』とか『不労所得』という“楽して稼いでいる”みたいなイメージが強いですが、列記としたビジネスである以上、ある程度の作業量が必要になるのは当然です。

 

少ない作業量で大きな額を稼げるのは、そのための仕組みづくりに精を出すことができた人の特権なわけです。

 

周りがロクに作業をしない人ばかりである以上、他を圧倒するような努力ができれば、それだけでアナタとライバルとの差別化になります。

06. できないことから逃げない

 

大半の人は未経験のことや苦手なことに直面すると、自分に言い訳をして、簡単に諦めたり他の道を探そうとするものです。

 

こういう人たちの悪い特徴は、『やる理由』を探すよりも『やらない理由』を探してしまうということです。

 

「今じゃない」とか「自分には向いていない」といった『やらない理由』を探している時点で、本来できることすらできないようになるということを知っておかなければいけません。

 

それを『どうやってできるようにするのか』と考えて、『やる理由』を探し、行動できる人だけが、できることをドンドンと増やし、ビジネスの成長を加速させていくのです。

07. 上手くいかない時に感情論で受け止めない

 

思うような結果が出なかった時に、『やっぱり私は無能な人間だ…』とか『やっぱり私なんかにできるわけなかったんだ』と飛躍した感情論で自分を責めてしまう人は多いですが、それは上手くいかないという事実と真剣に向き合っていない証拠です。

 

成功者は上手くいかない時に、『何が原因なのだろうか?』、『次はどのように改善したらいいのだろうか?』と感情論ではなく、理論的に事実を受け止め、解決策を生み出すアクションを起こします。

 

つまり、失敗を失敗で終わらせるのではなくて、「次に自分が成功するためにはどのように、どこを、変えないといけないのか」を論理的に考えることが大切になってくるわけです。

08. 自分への投資にお金を惜しまない

 

ビジネスの世界で成功し続けている人は概して、自分自身の価値を高めるための投資を惜しまないものです。

 

今では無料レベルでも良質な情報は手に入りますが、やはり有料級のノウハウやサービスは与えられる価値のレベルが違いますし、お金を投じることで真剣に学ぼうとする姿勢を身につけることができます。

 

お金を払うことは自分に足りないものを補うための世界で最も簡単な方法です。

 

お金をまったく払わず成功者になることは、誰にとっても至難の業だという認識で臨んだ方がいいでしょう。

09. 一時の快楽よりも将来の豊かさを重視できる

 

TVゲームをしたり、マンガに没頭したり、いつの間にかYoutubeを開いて関連動画を見続けていたり…。

 

こういった行動は日常をより楽しくするために欠かせないものかもしれませんが、どう頑張っても1日は24時間しかない以上、その時間をどう使うかがビジネスの成否をわけるものです。

 

『今、何をやるべきか』を意識して、一時の快楽ではなく将来のために時間を使うことができる人から成果が出るのは、至ってシンプルな結論ではないでしょうか?

 

好きなことは、ある程度の成果が出るような仕組みができあがってから、余裕を持って満喫すればいいものと考えて、ビジネスに没頭すること。

 

つまり、『誘惑に負けない』という単純な心がけができるかどうかが、成功者になるための第一歩なのです。

10. 具体的な目標設定ができている

 

ビジネスを始める時、誰しもが何らかの目標を打ち立てるものですが、ほとんどの人は『お金持ちになりたい』、『自由を手にしてみせる』といったように抽象度が高くなりがちです。

 

そのような抽象的な目標を設定した場合、目標を達成するために取るべき行動の抽象度も高くなってしまうため、しっかりと実践をすることができず、思ったような成果を残すことができずにフェイドアウトしてしまう確率が高くなっています。

 

できる人の目標は、常に期間や金額などが具体的であるため、そこに至るまでの道筋を論理的に導き出すことが容易です。

 

そうすることで、『いつまでに何をやればいいか』が明確になり、成果を出すことにコミットできるのです。

 

なので、今月や半年後、1年後、3年後くらいを目安に、「それまでにどうなっていたいか」という具体的な目標を設定してみましょう。

 

11. 時給収入ではなく、成果収入でビジネスを捉えている

 

成果が出ない多くの人に共通する考え方として、『これだけたくさん頑張ったから稼げて当然だろう』という思考がありますが、それはサラリーマンやパートタイム労働者の思考であり、ビジネスオーナーの考え方ではありません。

 

一般的な社会で成り立っている『時間収入』とは違い、自分でビジネスを行う際には『成果収入』でアナタの稼ぎの額が決まります。

 

つまり、どれだけたくさん作業をしても成果が出なければ収入は0ということも普通にありえるということです。

 

それを理解した上で、『成果を出すためにはどうすればいいのか』という思考で行動を選択できる人が成功者の条件ですね。

12. 思いやりや気配りの心を忘れない

 

『ネットビジネス』と言えば、PCが相手で、全てがオンラインで完結するイメージが強いですが、実際にはPCの画面上にはサービスや商品を提供する相手がいるわけですし、直接誰かとコミュニケーションを取りながらビジネスを行っていくシーンは非常に多いものです。

 

相手の心情を配慮したり、気配りができたり、といった人として当たり前のことができていない人は、ビジネスも一人よがりになりやすいですし、他者の協力やサポートを仰ぐことも難しくなってしまいます。

 

『ネットビジネス』は、インターネットをフルに活用しているというだけで、『価値を提供して対価を得る』という従来のビジネスと本質的な部分は変わりません。

 

そのことを理解し、思いやりや気配りの心を忘れない人は、たとえ時間がかかってもしっかりと成果を残すことができる傾向にあります。

13. 重要でない部分にはこだわらず大事なことに集中する

 

『大して重要ではない細かいところにこだわり過ぎるあまり、本当に大事なことに集中して実践できていない』というのは成果が出ない人に共通する特徴です。

 

個人でビジネスを行っていくと、気にしようと思えば、実に幅広い分野の大量の事柄を気にすることができますが、私たちの労力や作業に充てられる時間には限りがあるものです。

 

なので、成果を出すことに直結することに集中して、重要度が小さいものや自分の力ではどうしようもないことにこだわりすぎない姿勢は非常に大切になるわけです。

14. 無意味な人脈集めに貴重な時間と労力を使わない

 

ネットビジネスを始めたばかりの人にありがちなのは、セミナーや懇親会に積極的に参加して、とにかく『人脈作り』に奔走すること。

 

しかし、自分自身が稼げていない以上、そこで深い接点を持つことができるのは、自分と同レベルの『稼げていない人』になる可能性は非常に高いです。

 

また、仮に有名な起業家と話をすることができたとしても、自分自身に価値がない以上は、そこから『共に何か面白いことをやりましょう!』とはどう考えても発展しないはずですよね。

 

無意味な人脈集めに躍起になるのではなく、自然と名が知られていくように、自分自身が価値のある存在になったり価値のあるコンテンツを作ることができるようになりましょう。

 

それこそが価値のある人脈作りの第一歩です。

15. 何でも自分だけでやろうとしない

 

効果的にビジネスを右肩上がりに成長させることのできない人に共通する特徴として、『何でも自分だけの力でやろうとしている』という点が挙げられます。

 

効率よくビジネスを実践していくためには、苦手な分野や別に自分がやらなくても成立することは、積極的に他人やツールに任せることも必要です。

 

例えば、デザインに自信がない人はサイトのデザインを外注したり、オシャレなテンプレートを購入したり、集客が上手くいかないのであれば号外広告を出したり・・・といったように、上手く外部の力を使うこともビジネスの成功を考える上で重要ですね。

16. 数多くの失敗を経験している

 

『失敗は成功の母』といいますが、ネットビジネスで成功している人は数多くの失敗を繰り返して、そこから多くの学びを得ているものですが、期待するような成果を残せていない人はほとんど失敗を経験していません。

 

それどころか失敗を恐れるあまり、新しい挑戦の場に躊躇して飛び込まないため、作業量がほとんど足りていないケースも非常に多いです。

 

成功者は常に失敗することを前提に初めの一歩を踏み出し、失敗から少しでも多くの学びを得ようとするものです。

 

そもそも在庫も初期費用も小さいネットビジネスでは失敗しても、こちらが負うリスクなんてほとんどないはずです。

17. 知識の習得や思考・感性の練磨を怠らない

 

インターネットを活用してビジネスをするということは、地道な作業も多いですが、基本的には知識や思考をフル活用する『頭脳労働』です。

 

従って、常に知識を蓄え続け、感性や思考を磨き上げることで、価値のあるサービスやコンテンツを提供しようという姿勢は絶対に忘れてはいけないものですし、そのための努力をしたり、お金を惜しまないことは成功者になるために当然のことと言っても過言ではありません。

 

また、収益を出すことができた人が陥りやすいケースとして、自分が何だか“できる人”と勘違いを起こして、「学び」をストップしてしまう人が非常に多いです。

 

常に学び続けないと、収入だって右肩上がりには伸びていきませんし、そんな姿勢では、自分より上のステージの人に引き上げてもらうこともないでしょう。

 

満足せずに貪欲に学び続けることが大切だということですね。

18. 克服すべき苦手分野としっかり向き合う

 

克服すべき苦手分野から目を背けたまま大成功を手にするのは非常に困難なものです。

 

例えば、僕もビジネスを始めたばかりの頃、今までの『何かを継続できなかった数々の恥ずかしい経験』を思い出し、『自分のマインド(心構え)がそれほど強くないのではないか』と考えたことがあります。

 

しかし、どう考えても成功を手にするためにはマインド(心構え)の強さが必要だというのは自明の理だと思ったので、毎朝マインドハックに関する動画を見て、その学びを日々の生活に習慣づけることを意識しました。

 

もし、アナタがこの記事で紹介している条件を読んで、心がズキッと痛むことがあれば、ぜひその事実から目を背けずに改善のための行動に着手するようにすると、今までの自分とは明らかに異なる新しい自分にへと変わることができますよ。

19. 無意味に商品を売り込み、信頼を失わない

 

短期的な利益に目が眩んで、メルマガやソーシャルメディアで多種多様な商品を売り込みまくることは、長い目で見て賢い戦略とは言えません。

 

『信念を持たない商品の売り込みは少なからず信頼を損なうもの』という意識を持ち、長期的な思考に基づき商品やサービスを提案することは、安定して成功を手にしている人に共通するポイントです。

 

何においても、短期的な目線でしか物事を考えることができないようでは成功することなどないので、長期的な意識を持つように心がけましょう!

20. 継続することの大切さを理解している

 

『成功するために大切なことは、成功するまでやり続けること』

 

あらゆる分野の成功者がこのような発言を残していますが、ネットビジネスはとにかく継続をすることが重要です。

 

しかし、実践者の大半が少しくらい思うようにいかないくらいで簡単に作業をやめてフェードアウトしてしまうのが現状です。

 

そのため、『しっかりと継続すること』ができれば、それだけで他者との差別化が図れるものなんです。

 

成功するまでやり続けることの大切さを知り、継続して実践を重ねることは成功者になるためのシンプルなルールの1つです。

 

21. 常に他者から学ぶ姿勢を忘れない

 

先ほども、「学び続けること」の重要性についてお話しましたが、ネット上にはアナタと同じように、もしくはそれ以上のクオリティを駆使して似たようなビジネスをしている人はたくさんいます。

 

アナタもネットビジネス業界で有名な方の名前を何人か知っているかもしれません。

 

僕は、今でもそういう方たちのメールマガジンを読んでいますし、セールスのかけ方やキャッチフレーズを学び取ったりと、他者から学ぶ姿勢を捨てることなく実践し続けています。

 

成功できない人は、他者のコンテンツを『自分を助けてくれるもの』としか位置づけていないですが、成功者は『仕掛ける側の視点を学ぶ』という目的意識を持っています。

 

他にも書籍や動画コンテンツ、また有料の企画、勉強会など他者から学べる環境は非常にたやすく入手できるものなので、積極的に外部からの学びを得ていくといいですよ。

22. 『できない』と言わずに『どうしたらできるのか』を考える

 

新しい課題に挑戦する時に『自分にはできない』という言い訳をしている人を見ると、『このままだとこの人はどんなビジネスをやっても厳しいだろうなぁ』と感じてしまいます。

 

新しいことに取り組む時に、今の自分では『できない』なんてことは当たり前なので、それが挑戦をリタイアする理由にはなるはずがありません。

 

『できないからやらない』というのは完全に思考が停滞してしまっている証なので、『それでは、どうすればできるようになるだろう?』と考えて行動することで、次第に自分にもできることの幅が広がっていくものです。

23. 自分で自分の限界を定めない

 

『自分にはこの程度しかできないだろう』とか『これくらいできれば自分としては上出来だ』と簡単に口にしてしまう人をよく見かけます。

 

こんな風に、自分で自分に限界を定めてしまう人は本当に多いのではないでしょうか?

 

もっと具体的に言うと、『月収100万なんて自分には無理に決まっている』や『1日のブログ更新数は3記事くらいが限界だ』というように自分で自分にブレーキをかけてしまうのは本当にもったいないことです。

 

マインドブロック(心の壁)を外して、できる限りのベストを尽くし、常に自分の限界値を更新し続けるような人は必ず何らかの分野で成果を残すことができるでしょう。

24. 感謝の気持ちを常に忘れない

 

本記事における12個目の項目でも説明しましたが、ネットビジネスはオフラインのビジネスと同様に、他者との信頼関係がベースとなっています。(価値の提供を『インターネット』をフル活用して行うようなイメージです。)

 

よって、常に誰かとのかかわり合いの中でビジネスは進行していきますし、より大きな成果を残そうと思ったら有料・無料を問わず常に誰かから学び成長していく必要があります。

 

より多くの人に信頼され、感謝され、ビジネスを右肩上がりに成長させるために多くの学びを得るためには、常に周囲への感謝を忘れずに、それを行動や態度で示す。

 

そんな当たり前のことができない人は、成長するための場を与えられず、価値を享受することも難しくなってしまうので結果的にあらゆる場面で損をしてしまいます。

25. セルフイメージの高さと謙虚心を持ち続ける

 

セルフイメージとは、潜在意識が“自分はこんな人間だ”と勝手に思い込んでいる自己像のことを言います。

 

セルフイメージが低い人は、自分の成功に対して制限をかけてしまいがちになるため、ビジネスで成果を出す際には常に高いセルフイメージを保つ必要があります。

 

つまり、脳内でイメージする理想の自分に近づくための行動を取るという感覚ですね。

 

しかし、セルフイメージを高く持つこととは、天狗になったり油断や慢心をすることではありません。あくまで謙虚であることが前提です。

 

そして、『自分はこういう自分になりたいんだ!』と考える事で、高いセルフイメージを持ち、『だから、他の人よりも頑張らなくてはいけない』という思考に展開することが大切になります。

 

今の自分から、少しでも理想の自分に近づくためには一体何が必要なのかを冷静に分析し、それに対して本気で取り組むことで初めて一歩近づくことができるのです。

26. 周りに何を言われても軸を曲げない

 

『個人でビジネスを立ち上げて会社に依存しないで生きていく』ということは、『良い学校を出て就職をして…』という一般社会で常識的とされている生活を営んでいる人からは理解され難いものです。

 

よって、PC1台でビジネスを行おうとする時には、身近な人から批判をされたり上手くいくわけがないと一蹴されることだって当然にありうることでしょう。

 

また、ブログなどの媒体を通じて情報発信をしていると、顔も名前も知らないような人から誹謗中傷を受ける可能性もあります。

 

それでも、『批判や否定はある程度しかたがないこと』と割り切り、ブレない軸を持って自分が本当にやるべきことに集中し、目の前の大切な人に大きな価値を提供することを辞めずに頑張り続ける人が『成功者』と呼ばれる人の行動です。

27. 孤独に対応する術を知っている

 

自由な感じがして楽しそうな印象も大きいインターネットビジネスですが、実際には1人で黙々と作業を行う場面が本当に多いです。

 

よって、その孤独感に耐え切れない人は、ビジネスから自然と遠ざかってしまったり、他のもっと楽しそうなことに目移りしてしまったり、人脈交流という名目で無意味な人脈交流に励もうとして、結果的に成功への遠回りを選択してしまいます。

 

周囲が羨むような成果を出している人は、孤独に打ち勝つ強さを持って淡々と作業をしたり、効果的なリフレッシュの方法を見つけたりしているものです。

 

ビジネスの孤独さを理解して、それでも成功するんだという意志に対して正直に行動を進めることが大切ですね。

28. 完璧を目指さずに6割程度で、スピード感を持ってやってみる

 

成果が思うように出ない多くの人は、最初から完璧な状態を目指して、徹底的にインプットをしようとしたり細かいところにとにかくこだわり過ぎてしまうものです。

 

しかし、未経験のことに対して完璧を求めても上手くいかないものですし、頑張っても上手くいかないとやる気を失って、途中で作業そのものを辞めてしまう可能性が高くなります。

 

そうではなくて、『とりあえずやってみる』というスタンスでスピード感を持って取り組み、6割程度の完成度でも気にせずに先に進むことがとても大切になります。

 

そのあと、実践の過程で細部を修正していく人は、効果的に成果を伸ばしていく傾向にあります。

29. 成果が出やすい方法に集中する

 

ネットビジネスで期待する成果が出ずにそのままフェードアウトしてしまう人の多くは、『自分がやりたいこと』や『好きなこと、興味のあること』を尊重しすぎるあまり、強力なライバルが多かったり、需要がなかったりという問題に直面しています。

 

まずは、成果が出やすい方法に取り組み、成果が出やすい分野に集中することで、確実に成果を出しながらスキルや経験を積み、収益が自動的に発生し続けるような仕組みを作り上げることを優先させましょう。

 

自分で、0から1を作り出す方法をマスターしてしまえば、そこからの応用は非常に効きやすいものとなります。

 

なので、自分が本当に好きな分野に取り組むのは、それからでも決して遅くはないでしょう。

30. ビジネスを心から楽しんでいる

 

ビジネスの世界で大きな成果を出している人は、『自分のビジネスを動かす』ということを本質的に楽しんでいるように思えます。

 

結局のところ、ネットビジネスは正しい方向性を知ることができたら、あとはそれを淡々と愚直に実践していけば成果は出るものですが、その『実践を継続する』ということが多くの人にとって難所となっているようです。

 

ビジネスの世界でしっかりと成果を出している人は、その実践そのものを心から楽しんでいるため、好きなことをやり続けている感覚で、頭をフル回転させながら圧倒的な量をこなすことができています。

 

『本人的には楽しいことを追求しているだけなのに、周りからはめちゃくちゃ努力していると思われている』

 

そういう状態になることができれば、努力が苦ではなくなり、良い精神状態でビジネスを加速させることができますよ。

 

まとめ

 

 

今回取り上げた、ネットで稼いでいるプロフェッショナルに共通する30の特徴を1つ1つ実践していくことは、大して難しいことではありません。

 

専門的なテクニックが必要であったり、類まれなる才能が求められる事柄は何一つとしてなかったはずです。

 

しかし、こんなに簡単なことでも、ほとんどの成果が出ていない実践者は何かしらの理由をつけて、実践から遠ざかってしまうものです。

 

成功者が大切にしていることを自分も大切にしてみて、その思考や行動法則を自分の中にインプットし、それを習慣化すること。

 

それができれば、アナタのビジネスも自ずと上向きになり、将来的な収入も上がっていきます。

 

漫然と作業をやるのではなく、常に『成功者のマインド』に倣い行動をすることで、少しでも確実に成功者の考え方や行動の取り方ができるようになりますよ。

 

ただ、せっかくここまで読んでくださったとしても、ほとんどの人は実践しないので、もうすでに「成功するかしないか」の別れ道は目の前にあると思った方がいいかもしれません。

 

ここで早速、今から実践できる人は間違いなく成功に近い人なので、自信を持って、これからもコツコツと頑張ってください!

 

それでは、最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です